fc2ブログ
自由の女神~歴史の裏舞台~
2008 / 08 / 29 ( Fri ) 06:44:34


 今朝の東京は雨です。

 でも、一旦上がってます。

 夜中は雷も凄かったあ~

 電車、動いてるかなあ…

 おはようございます、kakisakasanです。


 えっと、これは一昨年の記事なんですけど自由の女神のモデルは一体誰か?と言うのを書いたことがあるんですね。

 自由の女神のモデルは、製作者の母親だったという内容だったんですが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』~自由の女神像~によると、『本来のモデルはフランスの象徴マリアンヌである』と言う記述を偶然見つけまして、一体どっちが正しいんだろうって、kakisakasanは???となったわけなんですよ。

 もし、詳しい事を知っていらっしゃる方がいましたら、教えて頂けたらと思います。m(_ _)m

 でね、今日のお話はその是非を問うものではなく、自由の女神が組み立てられていた時の写真を見つけましたので、それをご紹介するものなんです。

 自由の女神はフランスで一度仮組みされた後、214個のパーツに分解し、ニューヨークへ運ばれたのですが、これはパリで建築、仮組みされたときの写真だそうです。

 まずは一枚目。

 自由の女神1

 1878年、パーツを作成するパリの工場(こうば)風景。これを見に30万人が訪れたそうです。

 自由の女神3

 1883年にはパリの公園で頭部が展示されたそうです。

 自由の女神4

 1883年。着々と胴体が組みあがり、手には松明(たいまつ)が。

 ここで、ちょっと、コメントを…

 右手に持って高々と上げているもの…

 あれは松明なんですが、以前ねえ、何かのクイズ番組で、あれは松明ではなく独立宣言書(もしくは独立契約書)である、と言うような事を言ってたんですよ。

 kakisakasanはそれを見て、「ああ、そうなんだ」と思い、これを書くまで松明は間違いだと思っていたんですが、 上記のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、松明となっているんですよねえ…

 これまた、どちらが正しいのでしょうか。

 う~ん( ̄-  ̄ ) ンー・・・

 で、最後の写真。

 自由の女神5

 これは顔を裏側から見たもの…

 ちょっと不気味ですね。( ̄▽ ̄;)

 kakisakasanは実物を見たことがないので何とも言えませんが、実際に見た人は感慨深いものがあるのではないでしょうか。

 これに関する詳細は、下記のサイトにありますので、興味のある方はご訪問して頂けたらと思います。


 典拠URL
 ・らばQ~自由の女神の建築風景はこうなっていた…19世紀に撮影された写真 2008年08月22日 20:49~
 http://labaq.com/archives/51084087.html

   バナー

よかったらポチッとクリックして下さい。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* これぞ歴史の裏舞台(雑学) * trackback(0) * comment(2) * page top↑
<<昨日の雷は尋常ではなかった… * HOME * 社会人になって初めて経験した事は…>>
comment
****

実は・・・
私、あれだけNYにいたのに一度も行ったことがないんですよー。
もちろん遠目では見ていましたがね。^^;
周りに「行こうよ~」って言っても「あそこは観光客が行く所だぞ」と言われてねー。
「私は観光に行きたいんだ~」とよく叫んでいました。
今思うと、自分1人で行けば良かったんだよねー。
なんで行かなかったんだろー。(==;;;;
by: れんげばたけ。 * 2008/08/29 08:52 * URL [ *編集] * page top↑
**れんげばたけさんへ**

わたしはアメリカに行った事がないです。
アメリカに興味はないんですが、でも、ラスベガスは行ってみたいなあって思います。
by: kakisakasan * 2008/08/29 22:19 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://kakisakasan.blog56.fc2.com/tb.php/871-32f04fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *