夢の中の同窓会~ちゃんと白髪が生えていた
2017 / 08 / 05 ( Sat ) 09:05:43
  I am distributing e-books from kindle.(in japanese)  


 今朝の東京は曇りです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、これは夢のお話です。

 kakisakasanは中学の同窓会に出席していました。

 場所は通っていた中学。

 部活で使っていた部屋を訪れて、当時の落書きがあったことに嬉しさと懐かしさが込み上げてきて…

 同じように部屋を見ていた部活仲間がいて、そいつは懐かしさの余り泣きそうになっていて…

 中学時代の彼はそんな事で泣く男ではなかったので、見ていて不思議と言いますか、歳なんだなあと思いました。

 でもね、実を言いますとkakisakasanの通っていた中学に部活用の部屋なんて無かったんですよね。

 公立の中学ですから、予算の問題もあって、部活に割り当てる部屋なんてあるはずがないんですよ。

 しかも、異様にだだっ広い部屋で…

 25mプールくらいの広さはあったような気がします。

 それでも、夢を見ているときはそれを当たり前のように思っているのが、夢の不思議なところなんですよね。

 で、場面が変わって…

 居酒屋っぽい所に同窓会のメンバーが集まっていて…

 ふと隣を見ていたら部活で一緒だったさっきとは別の男が座っていたんですよ。

 頭を見ると、前髪が白くなっていて…

 ちなみに、中学卒業後、彼と会ったのは2~3度くらいで…

 それも高校時代の時ですから、実質卒業後は一度も会っていないんですよ。

 だから、夢の中に出て来るのであれば、当時の彼が出て来るはずだと思うんですが、夢で見た彼はちゃんと歳を取っていて白髪が生えていたんですよ。

 目が覚めた後はそれがとても不思議で、だから、ひょっとしたら今会えば、夢の中で見た彼と実在の彼が一致するのではないかと思ったんですよね。

 まあ、実際のところはどうなのかは分かりませんが、ただ夢の中ではあっても、当時の仲間と顔を合わせられたのは、やはり嬉しかったですね。

 
関連記事
スポンサーサイト
* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
<<どうしても邪魔したくなるのです * HOME * 人事を尽くして天命を待つ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *