田辺靖雄さんが車の運転して桂文枝さんが自転車に乗っていた
2017 / 07 / 16 ( Sun ) 09:24:41
  I am distributing e-books from kindle.(in japanese)  


 今朝の東京は晴れです。

 嫌になるくらい暑いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、これは夢のお話です。

 皆さんは田辺靖雄さんをご存じでしょうか。

 ヤッチンという愛称で、紅白にも出演された方です。

 田辺さんが活躍された頃、kakisakasanはまだ子どもでしたので、顔と名前は分かりますが、それ以外の事は全く知らないんですよね。

 もちろん、現在のことも分かりません。

 知らない尽くしなんですよね。

 にもかかわらず、夢に出て来たんですよ。

 その時、kakisakasanは車の助手席にいました。

 田辺さんは運転席にいて、そうしたら後部座席の方からお酒の入ったグラスを持った男の人が現れたんですよ。

 その人は現在kakisakasanが勤めている会社の人で、不断そんなに接点はないのに夢に出て来るんですから、これがまた不思議なんですよね。

 で、その人が言うには「会合が面白くないから抜けてきた」と言ったんですよ。

 で、そのまま、kakisakasanと田辺さんの間に座ろうとしたんですよね。

 kakisakasanは「えっ?」と思ったんですが、よく見ると運転席と助手席の間にお酒を置くちょっとした棚があるんですよ。

 そこに、お酒の瓶が幾つかあって「いいの、車内にこんなのがあって」と思うんですよ。

 だって、飲酒運転禁止なんですから、そんなのがあったらよくないですよね。

 で、そんな事を思っていたら、その人が運転席と助手席の間に座って「へえ、座れるんだあ。この車、一体どれだけデカいんだ」と妙に感心しました。

 でも、すぐにちょっと怖くなって…

 と言うのも、車内にアルコールを置ける場所があるということは、運転をしている人もひょっとしたら飲んでるのはないかって…

 つまり、田辺さんも飲んでるのはないかって…

 これから運転する気配があったので、kakisakasanは急に不安になって…

 で、気がついたら、車はもう出発していたんですよ。

 そうしたら、反対方向から自転車に乗った男の人が来て…

 見たら、桂文枝さんなんですよ。

 顔が少し赤かったので、文枝さんもお酒を飲んでいたようなんです。

 で、いつの間にか車から降りていて、kakisakasanは文枝さんと何やら話をしていました。

 新婚さんいらっしゃいについて話したような気がするんですが、定かではないです。

 で、その後の記憶はないので、ここで目が覚めたのか、夢がここで終わったのかも分からないです。

 芸能人、落語家、会社の人…

 面識の無い人が二人に、同じ会社にいてもほとんど接点の無い人が一人、夢の中に一緒に出て来るなんて…
 
 kakisakasanの頭の中って、一体どうなっているのでしょうね。

 本当に夢というのは不思議だなあと思いましたね。

 

関連記事
スポンサーサイト
* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
<<高かったけど奮発した~ * HOME * 猫のいる日常は平和そのもの>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *