アメリカの鉛筆って太いんだなあ~
2017 / 05 / 04 ( Thu ) 08:54:10
 kindleから電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 お出かけ日和です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 米ネブラスカ州に住むアーティストのシンディー・チンさんは、絵も描き彫刻も出来るマルチな才能の持ち主です。

 これからご紹介する作品は、鉛筆の芯を削って作った極小の機関車です。

 手先が不器用なkakisakasanにはとても真似できない芸当ですが、ただ思ったのは…

 アメリカの鉛筆ってこんなに太いの?

 典拠元の写真をご覧頂ければ分かりますが、芯の太さが5ミリあるんですよ。

 学校の授業で使うような鉛筆ではないですよね。

 小学生が使えるような鉛筆ではないですよね。

 それとも、絵のデッサンに使う鉛筆なのかな?

 まあ、いずれにしても、今回は芯の彫刻よりも鉛筆の太さに驚いたkakisakasanなのでした。

 ...A=´、`=)ゞ 


 典拠URL
 IRORIO~鉛筆の「芯」を彫って作った超極小の機関車がスゴすぎる!Text by さえきそうすけ
 https://irorio.jp/sousuke/20160102/290808/

 

関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<パッと見はにんじんに見えるけど、実は… * HOME * 柴犬のちゃめちゃんは飼い主さんの頭がお好き>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *