稀勢の里の「ジャポニカ学習帳」は超カッコイイぞ。
2017 / 04 / 03 ( Mon ) 05:57:57
 kindleから電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 新年度の始まりです。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 今年の大相撲3月場所は、横綱・稀勢の里が怪我を押しての逆転優勝。

 いやあ、立派でしたね。

 ただ、気になるのは怪我の具合。

 ニュースでは完治に一ヶ月かかるそうですが、一日も早く治ればいいなあと思っています。

 でね、この逆転優勝が大きな経済効果をもたらすのではと予想されており、今では「キセノミクス」とまで呼ばれているそうなんです。

 代表的なのは稀勢の里にまつわるグッズの販売。

  たとえば、ショウワノートの「ジャポニカ学習帳『横綱・稀勢の里版』」は、デフォルメされた稀勢の里のイラストが表紙に大きくデザインされており、横綱昇進を記念し、3月場所開幕に合わせて2017年3月12日に発売されました。

 イラストを担当されたのは元大相撲力士の漫画家・琴剣淳弥(ことつるぎ・じゅんや)さん。
 
 太い眉毛や固く結んだ口元などが特徴的に描かれています。

 J-CASTニュースが30日ショウワノート広報担当者に逆転優勝で終えた3月場所後の売れ行きについて取材したところ、

「当初予定していた2倍の売れ行きです。4月下旬には再出荷をする予定です」

 とのことでした。

 経済効果については典拠元を読んで頂くことにして、とにかく「ジャポニカ学習帳『横綱・稀勢の里版』」の表紙がカッコイイんですよ。

 見ようによっては愛嬌もあって、これなら老若男女問わず受け入れられるのではないかと思いました。

 相撲好きなお年寄りはお孫さんのお土産に1冊買われてはどうでしょうか。


 稀勢の里


 典拠URL
 J-CASTニュース~「キセノミクス」半端じゃない 稀勢の里「逆転優勝」で経済効果1.5倍 2017/4/ 2 09:00
 http://www.j-cast.com/2017/04/02294574.html

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<鍵の番号は絶対に誰にも教えるな * HOME * 自力でウンチが出たニャ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *