自撮りよりも違う使い方をされると思う
2017 / 03 / 28 ( Tue ) 05:52:58
 kindleから電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 腰が痛いです。

 おはようございます、kakisakasanです。 


 英AirSelfieは、2017年3月23日、ポケットサイズの小型ドローン「AirSelfie」を5月から国内で出荷すると発表しました。

 自撮り(セルフィー)に特化した薄型モデルで、スマホからの操作で最大20mの高さから簡単に自撮りが出来ます。

 本体は厚さを10.6mmに抑え、付属の充電ケースと組み合わせることでスマホと一体化して手軽に持ち運べるようにしました。

 自撮り棒とは異なり、構図やポーズが制約されないメリットを訴求し、SNSや旅行でセルフィーを楽しみたい人に売り込むそうです。

 AirSelfieの本体サイズは67.4×94.5×10.6mm。

 表面積はiPhone 7などのスマホよりも小さいです。

 価格は、AirSelfie本体を収納・充電するスマホケースとのセットが3万1598円、AirSelfieを複数回充電できるモバイルバッテリー「パワーバンク」とのセットが3万2818円、パワーバンク単体が1万4円(価格はいずれも税込み)。

 自撮りに便利かどうかはさておき、これを見て真っ先に思ったのは、絶対盗撮に使われるなあと…

 最大20mの高さから簡単に自撮りが出来ると言う事は、20mの高さにある物も撮影出来るということです。

 マンションで言えば、5~6階くらいまでなら撮影可能ということです。

 AirSelfieにセットしたスマホはおそらく下方しか撮影出来ないでしょうが、メカニック工作が得意な人は、水平撮影を可能にするでしょうね。

 5~6階に住んでるから覗きはされないと思っているあなた、そんな考えは絶対に捨てるべきだと思いますよ。


 自撮りドローン「AirSelfie」を試す

 


 典拠URL
 日経トレンディネット~スマホと合体して携帯 自撮りドローン「AirSelfie」
価格は税込み3万1598円 2017年03月24日
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/032300836/

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの動画紹介 * comment(0) * page top↑
<<高校生考案~あられグラノーラと黒米あられ * HOME * 子ワンコは水の入ったボールが好き>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *