SF小説『AKIHABARA』執筆裏話
2016 / 11 / 19 ( Sat ) 09:39:18


 今朝の東京は雨です。

 洗濯物、部屋干しです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 11月12日の土曜日にデータをキンドルにアップして、配信が開始されたのが11月14日の月曜日。

 垣坂弘紫が初めて手掛けたSF小説『AKIHABARA』。

 正確に言うと、二十代の時に書いた二編のSF小説を一編に再構成したものなんですけどね。

 でも、やはり仕上がったものは、過去の小説とは全く違うものになりました。

 キーワードは、公益財団法人・自己臓器移植開発機構。

 これが過去の二編を一編に繋いだと言えるでしょうね。

 ちなみに、この公財のある場所は、今最もホットな場所と言える豊洲です。

 世間であれだけ騒がれているわけですから、使わない手はないと思いましたし、行ったことのある人なら分かると思いますが、このような団体があっても不思議ではない、いや、豊洲にはこう言う団体が欲似合うと言った方がいいかな、ただの埋め立て地なんだけれども、都心とは違う何か妙な空間なんですよね。

 まあ、それにしても、今回は苦労しましたね。

 何に苦労したかって、それは勿論、科学的知識に関すること。

 もともとサイエンスは好きなので、そう言った本をたまに読むのですが、しかしそれは雑学程度のことであって、専門的な知識を扱うとなると話はまた別で…

 文系出身のkakisakasanが科学的なことに関するひとつひとつの事を理解するのは、そりゃあもう大変なことで…

 いくらフィクションの世界であっても、既定の事実をもとに作り上げているわけですから、その根底の部分で理解不足だとお話の展開に真実味が不足してしまいますからね。

 理解を間違えると、言葉の選択も間違えてしまいますから、読む人が読めば「これ、おかしいよ」ということになるんですよね。

 だからね、本当に頭がくらくらしましたよ。

 執筆中は慢性疲労症候群のように、疲れが取れなくて…

 口内炎と吹き出物が同時に出来たりとか…

 とにかく、背中が重たかったですね。

 勤め先の仕事も気の抜けない状況でしたから、体にはきっと二重の負担が掛かっていたんだと思います。

 だってねえ、執筆から解放された途端、背中の重みがかなり消えましたからね。

 自分の書く文章にはやはり責任を持たなくてはなりません。

 ただ、その重圧は自分が思っている以上だったんでしょうね。

 面白いかどうか、それは読まれる方の好みですから、何とも言えませんが、社会性の伴ったSF小説には仕上がったと思っていますので、読み応えはあるのではないかと思っています。

 興味が沸きましたら、是非とも、読んで頂けたらと思います。


 AKIHABARA_表紙画像


 
関連記事
スポンサーサイト
* 小説活動 * comment(0) * page top↑
<<どうして今年はこんなに風邪をひくんだろう? * HOME * 疲労が溜まってきたので…>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *