茶色いパンダ
2016 / 10 / 29 ( Sat ) 08:39:51
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 冷えます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 中国の陝西省(せんせいしょう)には、パンダの自然保護区があります。

 そこでで暮らしている7歳のオスのパンダQizaiは、生後2ヶ月ごろ、山の中でひとりぼっちでいるところをたまたま通りかかった自然調査員に発見されました。

 このままでは命が危ないと思った調査員は彼を保護。

 Qizaiはパンダの保護施設で人口哺育されることになったのです。

 Qizaiは与えられたミルクを飲み、少しずつ健康な体になっていきました。

 その後ミルクを卒業し、笹の葉を食べるようになったQizai。

 しかし、彼はほかのパンダと比べて動きがゆっくりで食べるのが遅いため、施設内のパンダたちがQizaiの笹を盗んだりするなどして、いじわるをされていました。

 でも、担当飼育員のHe Xinさんからたっぷりの愛情を注がれ、今では平均的な7歳のパンダと同じく体重は100キロ超え。

 一日に20kgの笹の葉をもりもりと食べているそうです。

 そんなQizaiは他のパンダと決定的に違うところがあります。

 それは毛が黒色ではなく茶色であること。

 おそらく現存しているパンダの中で、Qizaiだけではないかとといわれています。

 遺伝子の突然変異では?と推測されており、その原因を調査するためにも、来年あたり普通のパンダ同様にQizaiにお嫁さんを見つけてあげて、赤ちゃんの誕生を期待しているということです。

 愛くるしいパンダ動画をたまに見ては、くすくす笑っているkakisakasanですが、茶色いパンダは初めて見ました。

 毛が茶色いと、表情も違って見えて、テディベアのようだなあと思いました。

 でも、遊んでいる姿はまったくパンダ。

 早く良いお嫁さんを見つけて、Qizaiの赤ちゃんを見たいものですね。

 (^ー^* )フフ♪


 The world's only brown panda had the hardest childhood

 


 典拠URL
 grape~母親に捨てられ、いじめられていた 『茶色いパンダ』今はすくすくと成長中
 http://grapee.jp/248952


 

関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの動画紹介 * comment(0) * page top↑
<<猫の額が恋のキューピットになるかも… * HOME * まるまるハスキーが6匹も…>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *