高速そばは一体何が早いのか?
2016 / 10 / 24 ( Mon ) 05:57:36
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 三日月が見えます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらの画像をご覧頂けますでしょうか?


 高速そば

 こちらの『高速そば』は、兵庫県内を走る神戸電鉄(神鉄)の始発駅、新開地駅(神戸市兵庫区)のホーム横に所在しており、同駅で40年以上にわたって営業しています。

 誰がどう見ても普通の立ち食いそば屋さんですが、「高速」と名が付く以上は、何かが速いと思いますよね?

 たとえば、注文して10秒以内に出て来るとか、駅の近くに高速道路が走っているとか…

 と言うことで、運営するエキ・リテール・サービス阪急阪神に、何か「速い」ことがあるのかと聞いたところ…

「特段ありません。昭和の雰囲気を残した、ごく普通の立ち食いそば店です」とのことでした。


 では、名前の由来は一体何なのかと聞いたところ… 

「関西の私鉄の立ち食いそば店は、たとえば阪急電鉄ならば『阪急そば』、阪神電鉄ならば『阪神そば』、山陽電鉄ならば『山陽そば』というように、電鉄会社の2文字の名称を冠しています。それに合わせて、『神戸高速そば』ではなく『高速そば』にしたのでしょう」とのことでした。

 ただそう考えると、この店舗があるのは神戸電鉄の新開地駅であるため「神戸そば」や「神鉄そば」になりそうなものです。

 でも「高速そば」で、OKなんですよ。

 なぜかって言うと、実はこの神戸電鉄の新開地駅、駅施設は神戸高速鉄道という会社の所有だから。

 ただね…

 40年も昔に「高速そば」と名付けたわけですから、本当の所は分からないでしょうね。

 開店当初は実際注文して10秒以内に出すのを売りにしていたのが、いつの間にか止めてしまって、名前だけが残ったのかもしれませんし…

 でも、まあ、何気にインパクトのある名前ですから、鉄道ファン以外でも、一度は寄ってみたいと思うそば屋さんですよね。 



 典拠URL
 乗りものニュース~老舗の立ち食い「高速そば」 特に「速い」わけじゃない? その名の意味は 2016.10.10 乗りものニュース編集部
 http://trafficnews.jp/post/58219/2/

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<柴犬VSハスキー犬~子犬のじゃれ合い * HOME * この一言、その通りだと思いました>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *