ジビエ料理が流行っているそうです
2016 / 10 / 16 ( Sun ) 09:01:25
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 爽やかな朝です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 みなさんはジビエという言葉を聞いたことがありますか?

 ジビエ(フランス語:gibier)とは、フランス語でキジ、ヤマウズラ、野ウサギ、シカ、イノシシなど、狩猟によって食材として捕獲される野生鳥獣やその肉のことを言います。

 狩猟の盛んなヨーロッパでは、ジビエ料理が食文化として育まれ、主にフランス料理に受け継がれてきたそうです。

 そのジビエ料理が最近流行っているそうで、都内にも幾つかお店があるようです。

 詳細はこちら。 
 
 日本にも、ぼたん鍋と言って、イノシシ肉をすき焼きのようにして頂く鍋料理があったり、道の駅では鹿肉を売っていたり、調べれば日本流のジビエ料理も結構あると思います。

 ぼたん鍋は頂いたことがないので、一度食べてみたいんですよね。

 ただね…

 野生動物の肉には寄生虫やウイルスがわんさかと居て、それが原因で肝炎などの病気に罹患することがあります。

 kakisakasanも過去にそう言ったニュースを見たことが何度かあって、そのたびに「怖いなあ」と思いました。

  。.。:+*(>ω<。)*+:。.。

 ですから、野生動物のお肉を頂くときは、煮たり焼いたりして、よく火を通すこと。

 そこさえ気をつけていれば大丈夫だそうなので、ジビエ料理を楽しみたいのであれば是非「火を通して」楽しんでください。

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<重力と地震は関係があるのか? * HOME * 人の足の上は暖かいニャ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *