別れどきはこの二つの質問で分かる
2016 / 09 / 20 ( Tue ) 05:57:28
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は雨です。

 肌寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 出会いがあれば別れがある。

 どんなにラブラブのカップルでも、仲睦まじい夫婦でも、絶対に亀裂が入らないとは言い切れません。

 ただ、実際に別れを選択する前には、さまざまな葛藤があります。

 別れるべきか、踏みとどまるべきか…

 離婚カウンセラーで自身も2度の離婚経験がある岡野あつこさん(62)によりますと、離婚をすべきかどうかの判断基準は「好きか、嫌いか」「損か得か」なんだそうです。

 「損か得か」は主に離婚後の経済的な問題なので、慰謝料の折り合いが付けば、きっと別れることになるんでしょうね。

 一方「好き」「嫌い」の感情は複雑で、やはり簡単には答えられないそうです。

 そんな時は、バロメーターとなる二つの質問をするそうです。

 質問1

 「もし夫(妻)が目の前で交通事故にあったら、『しめしめ』と笑えるか、泣くか」。

 質問2

 「海で子ども、夫(妻)、親がおぼれていたら、どの順番に助けるか」。

 「死んでも『笑える』で、助ける順番が夫(妻)が最後なら、愛情はもうありません。

 でも、親や子どもの前に夫(妻)を助けるのであれば、これは再考の余地があるそうです。心の奥底では、まだ『嫌い』じゃないのかもしれません。 

 別れるべきか否かを考えている、そこのあなた…

 あなたは先の質問に何と答えましたか?


 典拠URL
 with news~「バツ2」の離婚カウンセラーが教える たった2問でわかる「別れ時」2016年09月03日(朝日新聞地域報道部記者・田中聡子)

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<コーラをラッパ飲みするオウム * HOME * 顔がアンバランスにデカイにゃんこ。>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *