もみじ饅頭のお酒が密かなブームに…!?
2016 / 08 / 29 ( Mon ) 05:57:49
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は雨です。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 1980年代前半、世間では漫才ブームというのが起きまして、そのブームの火付け役にB&Bという漫才コンビがいました。

 彼等の有名なネタと言えば「もみじ饅頭」。

 それはそれは一世を風靡しました。

 もみじ饅頭自体は、これ以前よりも知られていたと思いますが、これがきっかけで更なる人気を得たと思います。

 そんなもみじ饅頭なんですが、広島県の廿日市に本社を構える『中国醸造株式会社』は「もみじ饅頭のお酒」という商品を開発したというんですから驚きじゃないですか。

 (・0・○) ほほーっ

 では、どうして「もみじ饅頭」をお酒にしてみようと思ったのかと言いますと…

 社員が出張に行く際には「もみじ饅頭」を購入していたのですが、いつも同じお土産だと新鮮さや、面白さがない。そこで驚いていただけるようなお土産を作れないかと思い、開発を始めたそうなんです。

 開発にはやはり苦労が伴ったようですが、その甲斐あって、飲んだあとに「これ、もみじ饅頭だ」と感じてもらえるものが出来上がりました。

 もみじ饅頭のお酒

 お味は、こしあん、チョコ、抹茶の3種類。

 アルコール度数は6%なので、ビールよりもちょっと強い程度。

 お値段は1本1080円。(税込み)

 饅頭を基本にしたお酒なので、お味は甘めだと思います。

 カクテルのカルアミルクみたいな感じなのでしょうか?

 女の子同士のパーティーに向いていそうなお酒なので、興味のあるレディはお一つご購入されてはどうでしょうか。

 お買い求めはこちら。 


 典拠URL
 IRORIO~「皮の再現に苦労しました」醸造メーカーがつくった『もみじ饅頭のお酒』に飲んでみたいとの声が殺到! Text by 羽田 早菜
 http://irorio.jp/kaseisana/20160820/343100/
 中国醸造株式会社~もみじ饅頭をお酒にしました
 http://www.chugoku-jozo.co.jp/momimansake_ja/ 

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<カルピスは美容にいいんですよ * HOME * 戯れる幸せ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *