悲鳴が聞こえて…事件かと思った
2016 / 07 / 14 ( Thu ) 05:57:26
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 腰が痛いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 これは先週のことでしたかねえ~

 仕事が終わって、夜道を歩いていたときのことですよ。

 どこからか悲鳴が聞こえてきたんですよ。

 kakisakasanは思わず歩く足を止めて、聞き耳を立てました。

 そしたら、また悲鳴が…

 どう聞いてもそれは女性の悲鳴に聞こえました。

 周囲を見回しましたが、そこにいるのはkakisakasanだけ…

 近くにあるアパートを見ても、特に変わった様子はありません。

 帰宅時に通るいつもの雰囲気…

 しかし、その静寂が却って恐ろしさを煽って…

 だって、最近は物騒な事件が多いじゃないですか。

 バラバラ死体が公園の池から出て来たり、海に浮かんでいたトランクを開けたら女性の死体が出て来たり…

 犯人と出くわしたらどうしよう…

 走って逃げようか…

 いや、やっぱり悪い奴を見逃すわけにはいかない…

 もう、いろんな思いが頭の中をぐるぐると回って…

 そしたら、さっきよりも一段と甲高い悲鳴が…

 (∑○Д○;)ギャァァァ!!!

 と思ったら、一匹の猫が走って逃げて、その後をもう一匹の猫が追いかけて…

 ( ̄▽ ̄;)

 な~んだ、猫か…

 ε-(´∀`; )ホッ

 そう言えば、以前にも似たような内容のブログを書いたことがありましたが、こう言うのは何度体験しても慣れませんね。

 でも、まあ、猫でよかったですよ。

 これが事件だったら間違いなく巻き込まれていたでしょうからね。

 平凡な日常が何より…

 改めてそう思った出来事でしたね。

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<自撮り棒をくわえて走るワンコがカッコイイ。 * HOME * 駅がサンリオピューロランドになったぞ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *