同じ仮装ならハロウィンよりも百鬼夜行の方がいいな
2016 / 07 / 02 ( Sat ) 08:57:46
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 今日は30度を超えるようです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 京都府宇治市では、安全対策の見直しで休止中の宇治川花火大会に代わり、夏のイベントとして昨年から始めた「宇治歴史夜噺(よばなし)―あをろしき お化け街道」が今年も8月6日午後1時から、京都府宇治市宇治の府立宇治公園一帯で開催されます。

 夜には、妖怪やもののけに仮装した人たちが練り歩く「宇治百鬼夜行」もあります。

 主催は市や宇治商工会議所などでつくる宇治川花火大会実行委員会。

 宇治百鬼夜行は午後7時から約1時間あり、特殊メークで妖怪などに扮(ふん)した人たちが、市観光センター南側の頼通公園をスタート、平等院表参道商店会や宇治橋、宇治源氏タウン銘店会の間を歩きます。

 お化けの特殊メークの体験は午後2時から近くの宇治市民会館で行われます。

 ただし、体験は有料の上、事前の申し込みが必要とのこと。

 7月2日午前9時から公式ホームページで受け付けるそうです。

 締め切りは24日。

 http://www.aoroshiki.com/

 お問い合わせは、市観光協会0774(23)3334。

 頼通公園をメイン会場に、子ども縁日や狐面色塗りなどのブースも設けられ、周辺4商店街などを巡るスタンプラリーもあります。

 今年は写真コンテスト「フォトコン宇治川冥所(めいしょ)」を実施し、イベントの様子を撮影した写真をツイッターに投稿して「いいね」が多い10人にはプレゼントが贈られるそうです。

 kakisakasanは仮装に興味はありませんが、もしするのであれば、ハロウィンよりもこの百鬼夜行の方がいいですね。

 日本の雅さと情緒があって…

 京都で行われると言うのがまた風情がありますよね。

 面白い妖怪がいたら、kakisakasanも「いいね」をしようかなと思っています。

 (*´∀`*)


 典拠URL
 京都新聞~お化けメイクで百鬼夜行 8月6日 京都・宇治公園一帯で催し
 http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20160630000031

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ワンコが雷を怖がったら… * HOME * たった14メートルなんだけど、こんな滑り台は絶対嫌だ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *