花びらの訪問
2016 / 05 / 04 ( Wed ) 08:54:00
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は雨上がりの曇りです。

 あっ、今、太陽の日差しが…

 おはようございます、kakisakasanです。


 これは先週のことでしたね。

 干していた洗濯物を取り入れるために窓を開けたんですよ。

 取り入れた洗濯ハンガーはカーテンレールに引っかけて、シャツは取り敢えず床に置いて…

 この日は天気が良かったので、洗濯物はしっかりと乾いていました。

 床に置いたシャツから先に畳んで、それから洗濯ハンガーに吊していた肌着や靴下を畳みました。

 それらを押し入れタンスに仕舞って「今日の洗濯は完了」と思った後、ふと足元を見たら一枚の花びらが…

 花びらは八重桜のそれでした。

 洗濯物を取り入れる前の部屋には確かに無かったので、おそらく窓を開けていた十数秒足らずの間に風に乗って入って来たのだと思います。

 それとも、洗濯物に付いていたのかしら?

 ソメイヨシノとは違って、八重桜の花びらはくっきりとした桃色で、たった一枚でも鮮やかな色彩を放っていました。

 kakisakasanは花びらを手に取り、少しの間眺めていました。

 何となく笑みがこぼれました。

 そうして、窓を開けると、ふっと息を吹きかけて花びらを飛ばしました。

 すると、ちょうどその時風が吹いて、花びらはひらひらと舞ってどこかに消えてしまいました。

 偶然にも風が吹くなんて不思議に思いながら、思いがけぬ花びらの訪問に、kakisakasanは小さな幸せを感じました。

 
関連記事
スポンサーサイト
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
<<ずっこけニャンコ * HOME * 憲法記念日~日本国憲法は最初から破綻している>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *