皆さんはもう『書き時計』をご覧になりましたか?
2016 / 02 / 24 ( Wed ) 06:06:39
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は多分曇りです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日これからご紹介する動画は、東北芸術工科大(山形市)の学生が卒業制作した『書き時計』です。

 時計とからくり人形の構造を組み合わせた400以上の木製部品による作品で、重りで歯車が回り、自動で1分ごとに時刻を書き替えていく仕組みとなっています。

 各メディアがこの時計を取り上げるやいなや、大きな反響を呼び、そのアイデアや壮大なスケールに日本中から称賛を受けたそうです。

 もともとは、製作者が友達に「こんな卒業制作をしている」と映像を見せるつもりで投稿したものが、あまりのクオリティの高さからネットで人気に火がついたそうです。

 kakisakasanには、パッと見た感じバラの花のように見えました。

 しかし、それは飽くまで結果のお話。

 この仕組みが必要だったからこそ、最終的にバラの花のような美しい幾何学模様を生み出したと言えます。

 これはまさに芸術と言っていい作品ですよね。


 芸工大生の卒業制作「書き時計」、ネットで話題に

 


 典拠URL
 らばQ~「日本の大学生は天才か…」卒業制作『書き時計』に対する海外の反応いろいろ 2016年02月14日 19:30
 http://labaq.com/archives/51864478.html 

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<せっせと窓ふき * HOME * 心配性なあなたへ~安心して下さい、閉めましたよ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *