いかようかん
2015 / 11 / 24 ( Tue ) 06:07:33
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は多分曇りです。

 肘が痛いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 kakisakasanの知人で函館出身の方がいるんですが、その方が言うには函館の名産はイカだそうで、「朝イカ売り」と言ってその日の朝獲れた新鮮なイカをおばちゃんがリヤカーを引いて売りに来るそうなんです。

 ですから、朝からイカ刺しを食べていたそうです。

 イカはまさに函館の味と言っていました。

 だからでしょうね、函館にある柳屋(和菓子・洋菓子・ケーキ)さんはこんな和菓子を開発されたんです。






























 いかようかん1

 イカ一本の姿を丸ごと再現した…

 そう、これこそが『いかようかん』なんです。

 『いかようかん』は1997年、柳屋さんの菓子職人が本店の改築記念にディスプレイ用に作ったもの。

 それが好評だったことから商品化したそうなんです。

 いかようかん2

 いかようかん3

 いかようかん4

 コーヒー風味のようかんはイカの足などを丁寧に再現、1日限定50個の販売。

 お値段1本1,188円。

 新しいパッケージは、箱の上部を開くとイカが飛び出し、”夜明けの函館山”が姿を現します。

 いかようかん5

 おおっ、綺麗だあ~
 
 箱の美しさはとても期待感を持たせるんですが、しかし、本物そっくりに作られたようかんを見ると…

 (´∀`;)

 大人は、まあ、そのギャップを楽しめると思いますが、小さなお子さんは泣いちゃうかもしれませんね。

 でも、確かにインパクトはありますので、商談の際に持っていくと、結構ウけるかもしれませんね。


 典拠URL
 Gigazine~いか丸ごと1匹のツヤツヤした姿を再現した手作りの和菓子「いかようかん」試食レビュー 2015年11月14日 22時00分00秒
 http://gigazine.net/news/20151114-ika-yokan/
 はこだて柳屋
 http://ikayokan.lar.jp/index2.htm

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanのグルメ * comment(0) * page top↑
<<滑り台は楽しいワン * HOME *  トラ、クマ、ライオン…なぜ3匹は仲良しなのか? >>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *