大阪・奈良珍道中 海遊館編
2015 / 10 / 05 ( Mon ) 06:11:27
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 かなり涼しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 さあ、大阪・奈良珍道中もいよいよ大詰め。

 三日目の最後は、海遊館に行ってきました。

 シルバーウィーク期間中の開館時間は8時半だったので、現地には8時15分くらいに行きました。

 最初はね、ちょっと早く来たかなあと思っていたんですが、チケット売り場前は早くも長蛇の列が…
 
 (-∀-`; )

 まあ、シルバーウィークですから、それなりに人はいるだろうとは思っていましたが、まさかこんなにも人がいるとは…

 ざっと見た感じ、300~400人はいました。

 しかも、この日もまた朝から良いお天気で…

 空気はカラッとしていましたが、日差しが強くて…

 ほんと暑かったですから、待ち時間がとても長く感じられました。

 早く中に入りたいぞ~

  (*`д´)ノ

 で、まあ、そうこうしているうちに開館…

 人の塊が動き始めました。

 館内に入るとコインロッカーに荷物を預けて身を軽くしました。

 そうして、いよいよ巨大水槽へ…

 まず最初に登場したのは、トンネル型水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」。

 海遊館1

 海遊館2

 これ、分かるかなあ?

 二枚ともトンネルの天井部分の水槽なんですよ。

 だから、お魚は腹を見せているわけです。

 で、ここをくぐり抜けると、エスカレーターで最上階まで行きます。

 ここに訪れて初めて分かったんですが、海遊館の水槽って縦長なんですよ。

 だから、最上階に行って、そこから螺旋状に下りながら、水槽の中のお魚を見る構造になっているんです。

 詳細はこちら。
 http://www.kaiyukan.com/info/map/

 最上階のテーマは日本の森。

 コツメカワウソが出迎えてくれました。

 で、写真なんですが、良い写真が撮れなかったんですよ。

 と言うのも、カワウソ君たちは結構動き回るものですから、ブレちゃって…

 ですから、代わりと言っては何ですが…

 海遊館4

 サワガニの写真を1枚…

 ほとんどの人はサワガニなんて興味ないでしょうが、kakisakasanにはちょっとした思い出がありまして…

 あれは三歳くらいの時でしたねえ~

 当時住んでいた家のお風呂は五右衛門風呂で…

 で、お風呂に入っていると、時々、排水溝からサワガニが出て来たんですよ。

 サワガニなんてそんなに大きいものではないのですが、しかし、三歳の子供にとっては超巨大なカニと言いますか、怪獣そのもので、お風呂に入るのが怖かったんですよね。

 当然、今はもう何ともないのですが、まあ、懐かしい思い出ですよね。

 そうして、進んでいきますと、待っていたのは…

 海遊館3

 アシカちゃんです。

 おそらく、このアシカちゃんはお母さんで、と言うのも子供がそばにいたんですよね。

 子供の写真も撮ろうと思ったのですが…

 これまた残念…゚。・゚ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。

 でも、なかなか愛嬌のあるお魚は撮れました。

 海遊館5

 で、どんどん進んで行きますと、何と…

 海遊館6

 カピバラさんがいるではないですか。

 ゚+.(◕ฺ∀◕ฺ)゚+. わぁ♪

 まさか、水族館でカピバラさんと出会えるとは思ってもいませんでしたが、でも水辺に棲む動物ですから、水族館にいても不思議ではないんですよね。

 ただ、驚いたのは、同じ室内の水槽にはピラニアが泳いでいて、万が一にもカピバラさんが落ちたら食べられてしまうのではないかと…

 でも、そんなことは百も承知でピラニアを泳がせているのでしょうから、まあ、多分大丈夫なんでしょうね。

 そして、次に登場するのは、大人気の…

 海遊館8

 海遊館7

 海遊館9 

 ペンギンさん。

 のほほんとした雰囲気は、ほんと見ていて飽きないですよね。

 ただ、ペンギンさんのいる水槽の前は、寒かったなあ~

 ここまで、いろんな動物が登場してきましたが、小さなお魚や見たこともないお魚もたくさんいまして、童心に返るってこういう事を言うんでしょうね、夢中になって見ていました。

 すると、頭の中はお魚ばかりなってしまって…

 あれは何だ?Σ(Д゚;/)/…エエ!?

 と思って見たら…

 海遊館10

 人でした。

 ・・・(・∀・i)タラー・・・

 で、そんなアホな自分に一人苦笑いしながら進んで行くと…

 遂に出ましたよ。

 kakisakasanが海遊館で一番見たかった…

 海遊館11

 海遊館13

 海遊館12

 海遊館14

 ジンベイザメです。

  ゚+.(ノ。・∀・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆

 間近で見るとほんと迫力があって、悠々と泳いでいる姿は何とも言えない風格がありましたね。

 水族館ではなく海の中で見たらもっと感動するんだろうなあと思いました。

 また、同じ水槽の中には…

 海遊館15

 エイも泳いでいまして、エイも負けじとカッコ良かったです。

 その後、見たお魚および動物は…

 海遊館16

 マンボウ。

 海遊館17

 アザラシ。 

海遊館18

 マイワシ。

海遊館19

 ???

海遊館20

 クラゲ。

 などなど…

 マンボウのいる水槽には、見て分かります?、ビニールシートが垂らしてあるんですよ。

 マンボウってちょっとした衝撃でも死んでしまうデリケートなお魚ですから、水槽にぶつからないための配慮なんでしょうね。

 しばらく見ていましたが、マンボウはこのままの状態で全く動きませんでした。

 アザラシは先にお見せしたアシカと同じ水槽にいまして…

 他のアザラシは泳ぎ回っていたのに、このアザラシだけは水槽深く逆立ち?をして休んでいました。

 マイワシは食卓にもあがる大変身近なお魚ですが、ぐるぐる回っている様子は、なかなか見応えがあると言いますか、面白かったです。

 で、???は名前が分からなかったので…

 このお魚、ジンベイザメのいる水槽にいたのですが、ずーっとこの状態を保っていました。

 一体何をしたいんだろう?

 餌をよこせとでも言いたかったのかしら…

 で、最後はクラゲ…

 このクラゲはクラゲ館の中でも最大級のものでした。

 パッと見た感じ、マシュマロのように見えて、美味しそうだなあって思ってしまいました。
 
 海遊館を後にしたのは、11時半くらいでしたから、3時間は見ていたことになります。

 他にも展示コーナーやレストランもあって、ゆっくり見学すれば、一日中楽しめると思います。

 これで、大阪・奈良珍道中はおしまいです。

 明日は、紹介出来なかったちょっとした事を番外編としてお届けしたいと思います。

 続く…

 
関連記事
スポンサーサイト
* 大阪・奈良珍道中 * comment(0) * page top↑
<<大阪・奈良珍道中 番外編 * HOME * 大阪・奈良珍道中 法隆寺編>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *