大阪・奈良珍道中 法隆寺編
2015 / 10 / 04 ( Sun ) 09:24:09
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。  


 今朝の東京は晴れです。

 ネットの接続が悪いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 大神神社を後にして三輪駅に着いたのが十五時前。

 大阪に帰るにはまだ早いし、さてどうするか?

 そう思ったkakisakasanは、急遽法隆寺に行くことに決めました。

 ほんとはねえ、大神神社にはまだまだお参りする場所が幾つもあったんですが、そろそろ疲れが出て、気力が萎えちゃって…

 ...A=´、`=)ゞ

 だから、三輪駅に向かうまでは大阪に帰る気持ちの方が強かったんですよね。

 でも、電車に乗って、段々とJR奈良駅が近づいて来ると…

 せっかく、ここまで来たんだし、また来られるとも限らないし…

 そう思うと、再び気力が沸いて、それで法隆寺に向かったわけなんです。

 法隆寺は、JR奈良駅から関西本線に乗って、法隆寺駅で下車。

 法隆寺1

 瓦葺きの屋根が古(いにしえ)の都の雰囲気を醸し出していますよね。

 で、法隆寺までは案内板がありますので、それに従って向かいました。

 歩くこと、約15分。

 目指す法隆寺に到着。(法隆寺行きのバスもあります)

 詳細はこちら。
 http://www.horyuji.or.jp/access.htm

 法隆寺3

 法隆寺2

 ただ、到着と言いましても、実際はこの写真に見られるように境内まではもう少し距離があります。

 また、気をつけて欲しいのは、この辺りにはスズメバチが飛んでいます。

 スズメバチ注意の看板もありましたので、この道を歩くのは避けた方が良いと思います。

 そうして、ようやく法隆寺に到着。

 法隆寺4

 これは、中門。 

 そして、拝観料を払って、境内に入りました。

 でもね…

 到着したのは十六時頃で、あと一時間で拝観時間が終了すると言うことから、夢殿を見ることは出来ませんでした。

 残念…゚。・゚ヾ(゚`ェ´゚)ノ。゚・。

 でも、五重塔や金堂は見ることが出来ました。

 法隆寺5

 法隆寺6

 五重塔。

 法隆寺7

 これは金堂。

 法隆寺8

 これが大講堂。

 法隆寺9

 回廊。

 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」と詠んだのは、明治時代の俳人である正岡子規ですが、暮れゆく空を見ていると、何となくではありますが初秋の憂いを感じましたね。

 いや、まあ、それにしても、法隆寺も大神神社も腰を据えて見学するつもりならば、どちらも一日は費やさないとダメですね。

 とてもじゃないですが、二泊三日では時間が足りないですよ。

 で、この後は、再び法隆寺駅に戻り、近鉄奈良駅から大阪へと戻りました。

 ホテルに着いたとき、万歩計を見ると、歩数は約三万五千歩。

 距離にすると、約25㎞。

 いやあ、ほんと疲れましたよ。

 続く…

 
関連記事
スポンサーサイト
* 大阪・奈良珍道中 * comment(0) * page top↑
<<大阪・奈良珍道中 海遊館編 * HOME * 大阪・奈良珍道中 大神神社編>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *