大阪・奈良珍道中 春日大社・東大寺編
2015 / 10 / 02 ( Fri ) 06:02:35
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は雨です。

 未明はビュービュー風が吹いていました。

 怖かったです。

 おはようございます、kakisakasanです。
 

 興福寺を後にしたkakisakasanはその足で春日大社へと向かいました。

 昨日もちょっと書きましたが、道中はあちこちにシカがいまして…

 ですから、あちらこちらにシカの糞も…

 ( ̄ー ̄;

 しか~し、そんな事を気にしては奈良観光は出来ませんので、ちょっとだけ気にしつつ、てくてくと歩きました。

 そうして、見えてきたのが一之鳥居。

 まずはそこをくぐり、更に歩いてしばらくすると、祓戸神社(はらえどじんじゃ)に到着。

 春日大社を訪れて初めて知ったんですが、御本殿をお参りする前に、ここで身もこ心も清めてから御本殿をお参りするんだそうです。

 御本殿を欲にまみれた人間で汚さないための配慮なんでしょうね。

 そうして、いよいよ、御本殿へ。

 春日大社1 

 この写真は確か御本殿の南門だと思います。

 春日大社2

 で、これが東回廊。

 ほんとはね、もっと写真を撮りたかったのですが、何て言うんでしょう、写真を撮ると失礼な気持ちになると言うか、自分の良心と対峙すると言うのか、とにかく写真を撮ることが「してはいけない事に立ち入る」ような気がして、ためらわれたんですよね。

 もちろん、撮影禁止の場所もあって、そこは当然撮らないのですが、それ以外の場所でも、背筋を正さなければならないような…

 ですから、春日大社の写真はこれくらいしかなくて、他の場所は目に焼き付けて御本殿を後に…

 春日大社には他にも若宮神社や夫婦大國社など、いろんな神様が祀られていて、全てを見て回ろうとすれば、春日大社だけで一日を費やしてしまうので、残念ではありましたが、参拝は御本殿だけにして、次の目的地である東大寺へと向かいました。


 (◔⊖◔) (◔⊖◔) (◔⊖◔)ここで少し休憩 (◔⊖◔) (◔⊖◔) (◔⊖◔)
 
 では、続きを…

 若狭山を右手に見ながら、歩くこと約15分。

 手向山八幡宮を通り、法華堂(三月堂)へ到着。

 更に進むと、二月堂。

 ここから見た風景がこちら。

 東大寺1

 東大寺2

 東大寺3

 奈良時代、ここから見える平城京はどんなふうに見えたのだろうと思うと、何となくではありますが、懐郷的な思いを抱かずにはいられませんでしたね。

 そうして、いよいよ東大寺の観光の目玉である大仏殿(金堂)へ足を運びました。

 大仏殿に入るには、チケット売り場で入堂料500円を支払います。

 入堂口でチケットを見せて中に入ると、目の前に広がるのは…

 東大寺4

 (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!でけえ~

 そして、間近で見上げると…

 東大寺5

 (|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!すげえ~

 そして、中に入ると…

 東大寺6

 東大寺7

 まるでロボットみたいだ~

 (ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

 実際間近で見ると、本当に凄い迫力だなあと思いましたね。

 この大仏が建てられたのは、奈良時代。

 今から約1300年前のことです。〔大仏と大仏殿はその後、治承4年(1180年)と永禄10年(1567年)の2回焼失。〕

 聖武天皇の願いによって建立されたのですが、当時の国力でよくまあこれだけのものを作ったなあと…

 ウィキペディアフリー百科事典~東大寺盧舎那仏像によりますと、 

 関西大学の宮本勝浩教授らが平安時代の『東大寺要録』を元に行った試算によると、創建当時の大仏と大仏殿の建造費は現在の価格にすると約4657億円と算出された…

 とありますが、実際はもっと掛かっていると思います。

 だって、これによって国家予算は逼迫するし、建てるための人手は駆り集められるし、おまけに天然痘は流行る、政治は乱れるで、当時の民衆の生活はひどい状況ですからね。

 もっとも、当時の国家予算が年5000億円程度であるなら、納得はしますが…

 それでも、何とか開眼供養会(かいげんくようえ、魂入れの儀式)まで持ってきたんですから、凄い執念ですよね。

 で、まあ、大仏殿の中をぐるっと一週。

 東大寺8

 これが、大仏さんの後ろ側。

 そうして、取り敢えず一通り見ると、そのまま大仏殿を後にしました。

 いやあ、ほんとはねえ、この後正倉院にも行きたかったんですが、そうすると、駅とは反対方向に向かうことになって、時間を食うことになるんですよね。

 それに、ちょっと疲れてましたし…

 午後の予定もあったので、残念ながら正倉院には寄りませんでした。

 で、お待ちかねのお昼。

 ここは予定通り柿の葉寿司を買って、適当な場所を見つけて頂きました。

 予想通りの美味しさでした。

 (●´)З`)))モグモグ

 そして、しばし休んだ後、次の目的地である大神神社に向かうために、JR奈良駅に足を運びました。

 続く… 

関連記事
スポンサーサイト
* 大阪・奈良珍道中 * comment(0) * page top↑
<<大阪・奈良珍道中 大神神社編 * HOME * 大阪・奈良珍道中 興福寺編>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *