大阪・奈良珍道中 住吉大社編
2015 / 09 / 29 ( Tue ) 06:11:13
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 多分、この後、晴れてくると思います。

 おはようございます、kakisakasanです。


 北極星でお昼を頂いた後の向かった先は、住吉大社です。

 正月三が日の参拝者数は約250万人。(平成24年データ)

 明治神宮、成田山新勝寺などと並んで、三が日の参拝者数の多い神社です。

 シルバーウィーク中なので、人が多いかなあと思っていましたが、kakisakasanが訪れた日は、それほど人はいませんでした。

 住吉大社1

 住吉大社2

 でね、先ほども言いましたように、三が日の参拝者数は200万人を超えますから、さぞ境内も広いんだろうなあと思いきや、案外狭いのには驚きました。

 写真に見える橋もそんなに大きくないし、あんな大勢の人達がひしめき合って渡ると、いつか壊れるんじゃないかなあって、想像するとちょっと怖くなりました。

 まあ、そんな住吉大社ですが、第一本宮:底筒男命 (そこつつのおのみこと)、第二本宮:中筒男命(なかつつのおのみこと)、第三本宮:表筒男命 (うわつつのおのみこと)、第四本宮: 神功皇后 (じんぐうこうごう) 〔息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)〕とあって、これまたお参りするのも大変…

 人の少ない時にでさえ大変だなあと思うのですから、ましてや三が日の時って、お参りする人達は一体どうしているんでしょうね。

 ( ̄ω ̄;)ンーー、不思議だ。

 で、住吉大社でお参りを済ませると、一旦境内を出て、別の神社に行きました。

 それがこちら。

 住吉大社3

 おもかる石って、聞いたことありません?

 石を持ち上げることで夢が叶うかどうか占うもので、最近はパワースポットとしても有名な場所らしいです。

 では、その占い方はどうするのかと言いますと、

 まず、3つあるうちの石をひとつ決めて、二礼二拍手一拝をします。その次に石を一度持ち上げ重さを覚えておいて、石を置きます。そして、石に両手を当てて祈り、再び持ち上げます。その時に軽いと感じたなら夢は叶い、重いと感じたなら、まだまだ努力すべしと言うことのようです。

 もちろん、kakisakasanチャレンジ、その結果は…

 ん~、軽くもないし、重くもない。

 その事をその場に居た人に言ったら、

 「軽いと思っておきましょう」と言われたので、軽かったと思うことにしました。

 ( ̄▽ ̄;)

 ほんとはね、もう少し境内を詳しく見たかったのですが、時間が無かったので、おもかる石を体験したところで、住吉大社を後にしました。

 さて、明日はいよいよ珍道中初日の最後の訪問場所。

 kakisakasanは一体どこに向かったのでしょうか。

 続く…

 
関連記事
スポンサーサイト
* 大阪・奈良珍道中 * comment(0) * page top↑
<<大阪・奈良珍道中 仁徳天皇陵編 * HOME * 大阪・奈良珍道中 北極星編>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *