ドローンは最早おもちゃではない
2015 / 09 / 09 ( Wed ) 06:06:18
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は雨です。

 雨音で目が覚めました。

 おはようございます、kakisakasanです。


 一時期、ドローンを飛ばして色々と騒がれた事がありましたよね。

 官邸に飛ばしてそのまま落下させた人とか、東京の三社祭を妨害しようとした人とか…

 おもちゃ如きで騒ぐのは大人げないと思う人もいるでしょうが、世界の情勢はどうやらそうではないみたいです。

 米国ノースダコタ州では、警察が武装ドローンを使用するのを許可する法案が可決されたそうです。

 軍隊ではドローンがすでに使われていたそうですが、警察が公式に使用できるのは初めてのケースだとか…

 搭載する武器は催涙ガスやテーザー(有線の電極を射出するタイプのスタンガン)など「非殺傷兵器」に限定されています。

 今回の法案は「ドローンを捜査に使う場合は裁判所からの令状が必要」という、どちらかというと警察がドローンを使うのを規制する内容でした。

 しかも、最初は「いかなる武器も搭載を認めない」というもの…

 ですが、「市民の平和を守るためには、必要な場合もある」とロビー活動家がはたらきかけた結果「非殺傷兵器のみ認める」と内容が変更になったそうです。

 しかし、そうは言っても「非殺傷兵器」なら本当に殺傷能力がないのか言えば、そうでもないんですよね。

 テーザーから流れる電流は、その強さや攻撃を受けた人の健康状態によって、死をもたらす場合もあるからです。

 現に2015年に入ってから39人(8月28日現在)の市民が警官のテーザーで死亡しています。

 ヽ((◎д◎ ))ゝ ひょえぇ~

 そうでなくても、米国で警官が市民を殺害する人数は多く、2015年だけでも763人が死亡しているそうです。

 米国と比べたら、日本は平和なのかもしれませんが、しかし、きな臭い安保法案が可決されようとしているのですから、日本の警察でも「非殺傷兵器」搭載のドローン使用が認められる事になっても、おかしい事ではありません。

 もちろん、凶悪犯罪者に対してそれを使用するのは構わないと思うのですが、国会の前でデモをしている人達に向けるのではないかと思うと…

 ドローンは最早たかがおもちゃではないことを、私達はしっかりと認識するべきなんでしょうね。

 
 典拠URL
 gizmodo.jp~米国で警察の武装ドローンが許可される 2015.08.29 08:00 source: The Daily Beast(高橋ミレイ)
 http://www.gizmodo.jp/2015/08/post_18148.html

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<疲れた~ * HOME * お気に入りのおもちゃをくわえながら…>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *