現代のくノ一京都に集結
2015 / 08 / 31 ( Mon ) 06:12:07
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は霧雨です。

 冷えます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 くノ一と言えば、女性忍者を表す言葉ですが、アニメやゲームの世界を除けば、ほとんどそれは死語に近い言葉ではないでしょうか。

 しか~し…

 世の中には、そのくノ一で観光のPRをするところもあるようで…

 8月22日、京都府福知山市の福知山城公園で、女性忍者にふんする「くの一武道大会・丹波福知山の段」が開催され、東京都、熊本県、京都府などから参加した48人の女性が飛び石渡りや手裏剣術など「忍術」の腕前を楽しく競ったそうです。

 飛び石渡りでは城の横を流れる川幅約10メートルの法川に八つの着地点を設置。

 途中で川に落ちる人や忍者さながら軽やかに石を渡り切る人もいたとか…

 手裏剣術では5メートル離れた的に投げた手裏剣が突き刺さると、歓声が上がったそうです。

 会社員の坂下陽子さん(32)【東京都】は「くノ一になりきりました。水の競技は普段できないことなので楽しい」と話していたそうです。

 大会は福知山城を全国にPRしようと、人気アニメ「忍たま乱太郎」の原作者・尼子騒兵衛さんをゲストに招き、市や福知山観光協会などでつくる実行委が1997年から開催しているそうです。

 kakisakasanも子供の頃は『仮面の忍者赤影』『サスケ』『少年忍者風のフジ丸』などを見て、忍者のまねごとをしたものです。

 おもちゃの八方手裏剣や十字手裏剣を投げては、その気になっていたなあ~

 (*´∀`*)

 大人になっても、こういう忍者のまねごとって楽しいですよね。

 来年はきっと更に盛り上がることだと思います。


 典拠URL
 京都新聞~「くノ一」全国から集結、自慢の忍術競う 京都・福知山
 http://kyoto-np.jp/sightseeing/article/20150823000020

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<宇宙野菜がなぜか××星人に見えた * HOME * おしゃぶりニャンコ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *