銀行窓口の女性制服が復活しているそうです
2015 / 08 / 17 ( Mon ) 06:16:12
  ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は雨です。

 エアコンを付けなくても過ごせています。

 おはようございます、kakisakasanです。


 確か、数年前、銀行の窓口で働かれている女性行員についてブログを書いたと思うんですよ。

 だから、過去のブログを調べてみたんですが、見つからないんですよねえ~

 記憶違いとも思えないんですが…

 どうしてないんだろう?

 ( ̄ω ̄;)ンーー

 まあ、それはともかくとして…

 じゃあ、その時書いたと思われる内容はどんなものなのかと言いますと、経費削減のため制服を廃止、窓口の女性行員は私服に替わってしまったのだが、それだと、お金を扱う企業としていかがなものかと…

 信用第一の銀行では、何よりきちんとしている事をお客様に訴える事が大事。

 そのためには、制服を着て身なりを整えることは必要だと思う。

 そんな事を書いたはずです。

 で、それから数年…

 今、尚も経費削減がされているのかと思いきや、なんと銀行の窓口で女性行員の制服が次々と復活しているそうなんです。

 業界団体の調査では、制服がある金融機関の割合は2008年は約5割だったが、14年は8割超に回復。

 三菱東京UFJ銀行は来年1月、約5年ぶりに制服を復活させるそうで、店頭の接客担当者ら約1万6000人が対象だとか…

 同行は10年末に廃止しましたが「企業ブランドの向上、行内の一体感作りにもつながる」(広報)と効果を再評価したそうです。

 また、香川銀行(本店・高松市)は08年にコスト削減などで廃止した制服を14年11月に復活。

 身だしなみを保ち、企業イメージを統一するのに役立つとの声が、行内外から出たそうです。

 kakisakasanは制服復活に賛成です。

 と言うより、廃止しなければ「企業ブランドの向上」とか「行内の一体感作り」とか「企業イメージの統一」に役立っていたことに気がつかなかったと言うことの方が、問題なんじゃないかって…

 一言で言えば、経営者の想像力の欠如ってことだと思うんです。

 一寸先は闇。

 だから、経営者は状況変化を常に見極める必要があるわけじゃないですか。

 想像力はそれに必要な能力の一つなんですよ。

 しかし、現実は…

 景気が良くなりつつある、だから、制服を復活させた。

 「実際はただそれだけの理由なんですよ」と言う事だけは言わないで欲しいですよね。


 典拠URL
 YOMIURI ONLINE~経費節減で廃止、銀行窓口の女性制服が次々復活 最終更新:8月9日(日)15時0分

 
 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<昨日の夜は嵐のようだった * HOME * 健気なニャンコだなあ~>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *