短編小説『三歳の娘』配信開始しました
2015 / 07 / 06 ( Mon ) 06:14:06
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は雨です。

 未明は土砂降りで目が覚めました。

 おはようごさいます、kakisakasanです。


 ええっと、今日は予(かね)てからお伝えしていた、短編小説配信のお知らせです。

 詳細は以下をご覧下さい。


 タイトル『三歳の娘』

 400字詰め原稿用紙換算枚数 40枚(縦書き)
 所要読書時間30分~60分。

 前書き

 この小説は、短編小説を書いては出版社に送っていた時の作品のひとつです。
 時期は二〇〇四年十月くらいだったと思います。
 書くきっかけは、当時世間を騒がせていた飲酒運転による事故でした。
 このような事故が起きたとき、いつも理不尽に思うのが、被害者の人権が蔑ろにされることでした。
 この日本で今なお生きている法律は、明治時代に制定されたものが少なくありません。
 本来ならば、時代の移り変わりとともに実情に沿って法律を変えなければならないはずですが、法律の制定者である国会議員は全くの無関心です。
 そのようなことに対して、私は憤りをもってこの小説を書きました。
 うまく表現出来ているのか不安ではありますが、少しでも理解して頂けたら幸いです。


 あらすじ

 ある日、三歳の娘である奈美はお母さんの手伝いをすると言い出した。
 奈美なりの決意を感じた母の由紀子は、奈美に料理の手伝いをさせることから始めた。
 奈美の決意…
 それは、飲酒運転によって殺された父の英樹の分まで何かを頑張ろうと言う思いのようであった…



 現在、kindleとgoogle playから配信中です。
 
 お値段はおよそ100円です。

 ご購読のほど、よろしくお願いします。

 (*>ω<)人


 kindle

 三歳の娘_表紙画像


 google play

 三歳の娘_表紙画像

 

関連記事
スポンサーサイト
* 小説活動 * comment(0) * page top↑
<<短編小説『三歳の娘』配信、ibookstoreは無理かも… * HOME * シュキシュキ、。+゚(人’v`*)大好き☆゚+。>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *