姿焼きのような○○○を見た
2015 / 06 / 12 ( Fri ) 06:14:46
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は雨です。

 蒸し蒸しします。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、これは先月の暑い日のことでしたね。

 いつもの時間にアパートを出て、駅に向かって歩いてました。

 日差しが本当に眩しくて、うつむき加減に歩いていたら、前方に石があるのに気がついたんですね。
 
 で、段々近づいてみると…

 Σ(゚∀゚;)アッ!

 石だと思っていた物…

 実は、それカエルだったんですよ。

 石と思ったほどですから、結構大きくてねえ~

 都心で見かけるわけですから、まず間違いなくそれはヒキガエルだろうと…

 ただね…

 いつも見かけるヒキガエルとはちょっと違っていて…

 何が違っていたのかと言いますと…

 干からびていたんですよ。

 明らかに体の水分が無くなっていて、ほとんど干物のような状態でした。

 いやあ、Σ(・ω・ノ)ノ! びっくりっ!

 先月は真夏のような暑さが続いていましたから、そのせいで干からびちゃったのかなと…

 あっ、でもね、夜帰宅するとき見たら、居なかったんですよね。

 ( ̄ω ̄;)ンーー

 近所の誰かがそっと埋葬してあげたのか、それとも実はまだ生きていたのか…

 水を掛けてあげたら、案外元に戻ったとか…

 いや、それはないな…

 ( ̄▽ ̄;)

 実際のところは分かりませんが、ただ、はっきり言えるのは、干からびてしまうのではないかと思えるほど、確かに先月は暑かったってことですね。

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ロボットの進化は遂にここまで来たけど… * HOME * コロコロ好きのニャンコ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *