流しの排水溝がちょっと…
2015 / 06 / 10 ( Wed ) 06:12:44
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 今日は暑くなるようです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 いつ頃からそうなったのかはちょっと分からないんですが、キッチンの流しから嫌な臭いがするようになったんですよね。

 気づいた頃は、何かちょっと臭うなと言う程度だったんですが、段々と臭いがきつくなって…

 雨が降っている時に帰宅すると、部屋に入っただけで臭うようになって…

 これは正直たまらんなあと…

 ( ̄ω ̄;)ンーー

 原因はおそらく下水から臭いが逆流しているからだと思うんですが、じゃあ、具体的にどこから臭いが漏れているのかと言うと、排水ホースから?と思ったんですが…

 いや、でもねえ、排水ホースはそれなりに掃除をしていますし、ホースが破損している様子もありませんし…

 ですから、ネット検索をしてみましたら、次のサイトを見つけました。


 水回りトラブル入門~掃除しても消えないキッチンの排水溝が臭う3つの原因と対策
 http://mizumawari-primer.net/drain-stinks-cause.html

 で、こちらを見ていると、該当する原因と思われたのがありました。

 それがこちら。

 直接上ってくる下水の臭いを消す方法
 排水トラップを掃除して臭いが消えない場合、下水の臭いが排水ホースを通らず室内に入り込んでいる可能性が高いと考えられます。
 シンクの下を開けた時に臭いが強くなる場合は、下水の臭いが漏れていると思って間違いないでしょう。
そこでチェックするべき箇所が2つ。

 1つ目:排水ホースの破損
 流し台の下を開けると、多くの場合『蛇腹の排水ホース』が見えると思います。
 この排水ホースに穴やひび割れがあると、その穴から下水の臭いが漏れてきます。

 排水ホースを交換するか、水漏れ防止用の補修テープで穴をふさぐといいでしょう。
 ホームセンターに行けば、どちらも簡単に手に入れる事が出来ます。

 2つ目:ホースの接続部に隙間がある
 排水ホースはシンクの下にある排水パイプと接続されています。

 この時、ホースとパイプの間に隙間があれば、下水の臭いを止めるものがありません。

 ここに隙間ができる原因としては、工事の不手際の他にも、臭いを止めるキャップが腐食で割れていたり、地震でずれてしまうといった事が考えられます。

 対策として、隙間なく固定できる『ゴム製の防臭キャップ』や『アタッチメント』が市販されています。
 しかし、どうしても大きさが合わない時は、水回りに使える『配管用パテ』で隙間を埋めるのが良いでしょう。
 使用するパテは、エアコン用と書かれた商品でも問題はありません。


 先にも言いましたが、1つ目の原因である排水ホースが破損している様子はありません。

 では、2つ目の原因である「ホースの接続部に隙間がある」はどうかと言うと…

 ある…Σ(|||▽||| )

 正確に言うと、流し台の床に穴が開いていて、そこを通じて排水ホースと排水パイプが繋がっているようで、おそらくその穴から臭いが漏れているのではないかと…

 ちなみに臭い漏れ防止用の防臭キャップは最初から使用されていないみたいです。

 と言う事で、ホームセンターに行って配管用パテを買ってこようと思います。

 はあ、休日がこんなことで潰れてしまうなんて… 

 まったく、やれやれですよ。

 ┐( ̄ヘ ̄)┌

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<コロコロ好きのニャンコ * HOME * アメリカには動物行動学を教える刑務所がある>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *