これは一体な~んだ?
2015 / 05 / 15 ( Fri ) 06:15:25
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 最近は夏のような暑さです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらを見て頂けますでしょうか。

オケナイト

 
 これ、何だか分かります?

 パッと見た感じは、タンポポの綿帽子のような、綿飴のような、白いマリモのような…

 そんな印象を受けると思いますが…

 実はこれ石なんですよ。

 その形状から「ラビットテール(ウサギの尻尾)」とも呼ばれているオケナイトは、正真正銘の鉱物なんです。

 オケナイトの名前の由来は、ドイツの自然研究家ローレンツ・オケンL.Ocken(1779-1851)にちなんだもの。

 細いガラス状の繊維が放射状に伸びたオケナイトは、綿のボールのようなクラスター(集団)を作ります。

 これを「コットンボール・クラスター」と呼びます。

 オケナイトは火山性の小型の晶洞(空洞)の内側を覆うように密集しクラスターを形成します。

 オケナイト1


 そのため、玄武岩の産地であるインドのデカン高原など、一定の条件が整っている場所でしか産出されないそうです。

 産業用に利用されることはありませんが、装飾用あるいはパワーストーンとして珍重されているそうです。

 オケナイトは汚れを吸収しやすいため、触り過ぎると黄色く変色したり、つやがなくなったりするそうです。

 確かに、見た目は神秘的と言いますか、人の関心を引き寄せると思いますので、会社の受付に置いておくと案外良いかもしれませんね。


 典拠URL
 カラパイア~でもこれ石なんです。ケサランパサランみたいなモッフモフな鉱物「オケナイト」2015年05月08日
 ウィキペディアフリー百科事典~オケナイト


 
関連記事
スポンサーサイト
* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
<<吉呑みって知ってますか? * HOME * 救われた子犬と子猫>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *