海のゴミを片付けないと、海洋生物が迷惑を被る
2015 / 04 / 18 ( Sat ) 07:56:08
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 絶好の洗濯日和です。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 これからご紹介する動画は、イルカが人に助けを求めに来たものです。

 場所はハワイの沖合。

 夜のスキューバダイビングを楽しんでいた男性たちがマンタの群れを撮影していると、一頭のバンドウイルカが近寄ってきて、何か言いたげにグルグルと泳ぎまわりはじめました。

 ダイバーは最初何をしたいのだろうと思ったことでしょう。

 しかし、すぐに彼等はイルカの異変に気がつきました。

 釣り針と釣り糸が体に絡みついていたのです。 

 ダイバーはイルカを呼び寄せ、糸を外そうとします。

 イルカも体を回転させながら、人が釣り糸を外しやすいようにします。

 釣り針と釣り糸を外してもらったイルカは、その後海に消えていきました。

 故意に捨てられた物なのか、釣りをしていた結果海を漂うことになったのかは分かりませんが、人の作った物がゴミとして海に沈んでいるのは間違いないことです。

 幸いにも、いや皮肉にもと言うべきなのでしょうか、イルカは人に助けられましたが、このような事を起こさないためにも、人類は海のゴミを片付けないといけませんね。


 Bottlenose Dolphin Rescue

 


 典拠URL
 grape ~「ちょっと助けて!」ダイバーに近づいてきたイルカのお願い事とは?
 http://grapee.jp/37629

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの動画紹介 * comment(0) * page top↑
<<八重桜、満開。 * HOME * いっちょ前に吠えてます^^>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *