ワインもノンアルコールの時代へ
2015 / 04 / 13 ( Mon ) 06:21:38
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 
 

 今朝の東京は曇りです。

 また、寒くなるみたいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ノンアルコールビールが世間に定着してからどのくらいが過ぎるのでしょうか。

 スーパーのビールコーナーに行けば、ノンアルコールビールの種類が結構あって、このまま行くと、本家のビールの売り上げを追い越してしまうのではないかと思われるほどです。

 ひょっとしたら、ノンアルコール日本酒やノンアルコールウイスキーなんて物も出て来るかもしれません。

 いや、案外もうあったりして…

 な~んて思っていたら、あら、びっくり、ノンアルコールワインなるものが既に登場していたんですね。( ̄▽ ̄;)

 2015年3月27日、香川県さぬき市小田のさぬきワイナリーは、香川大が開発したブドウ「香大農R―1」を使ったノンアルコールワインを発売したそうです。

 「香大農R―1」は沖縄に自生するヤマブドウとマスカットを交配したもの。

 通常のブドウに比べて2~3倍のポリフェノールが含まれ、健康志向の高い愛好者を中心に人気を集めているそうです。

 同ワイナリーは香大農R―1を使った商品を「さぬきRED」としてブランド化しており、ノンアルコールワインはワイン、ジュースに次ぐ第3弾。

 開発に向けては、2012年2月に国の地域産業資源活用事業の認定を受け、徳島文理大理工学部などと共同で取り組んできました。
 
 原材料を発酵させる過程を踏み、小豆島産のオリーブやさぬき市産の桑の葉の粉末を加えることで、本来のワインの香りや渋みに近づけつつ、独自の手法でアルコール度数ゼロを実現。

 竹中剛工場長は「通常のワインよりも手間は掛かるが『赤ワインらしさ』と『ジュースよりおいしい』をコンセプトに試行錯誤した。ぜひ多くの人に楽しんでもらいたい」と話しているそうです。

 限定300本で、500ミリリットル入り1620円(税込み)。

 ワイン工場に併設される物産センター限定で販売。

 問い合わせは同ワイナリー〈087(895)1133〉。

 どんなお味なのか、飲んでいないので分かりませんが、もし好評を博したら、フレンチやイタリアンのレストランで提供されることは間違いないでしょうね。

 ランチタイムでは、コーヒー・紅茶・ワインを選べるようになるかもしれません。

 ノンアルコールビールは瞬く間に市場を開拓しましたから、ノンアルコールワインもその可能性は高いでしょうね。


 典拠URL
 YOMIURI ONLINE~「思った以上に近い味」のノンアルコールワイン 2015年03月28日 10時49分
 http://www.yomiuri.co.jp/national/20150327-OYT1T50139.html
 四国新聞社~ノンアルワイン発売/さぬきワイナリー 2015/03/28 10:02
 http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20150328000182

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ふ~、暑い… * HOME * ソメイヨシノは遠くから見る方が美しい>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *