河津桜、満開
2015 / 03 / 15 ( Sun ) 09:40:34
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 10時間、寝ました。

 疲れが溜まっています。

 おはようございます、kakisakasanです。


 先日、ちょっと外出をしたとき、いつも通る道とは違う道を歩きました。

 すると、桃色の花が咲いているのを見かけました。

 花は満開…

 足を止めて見上げていたら、

 「河津桜って言うんですよ」

 と、おばあちゃんが教えてくれました。

 カワヅザクラ(河津桜)は、日本にあるサクラの一種で、オオシマザクラ とカンヒザクラ の自然交雑種であると推定されているそうです。 

 1955年に飯田勝美さんが静岡県賀茂郡河津町田中で原木を偶然発見したことがその名の由来だそうです。

 河津桜は知っていましたし、過去にも見たことはありますが、ソメイヨシノと違って、都内のあちらこちらにあるものではないですから、やはり教えて頂かないと分からないものです。

 kakisakasanはそそっかしいので、紅梅と間違えていたかもしれません。

 冬と春の狭間の光は、春の陽光と比べて淡いです。

 その淡い光の中で咲いていた河津桜は本当に綺麗でした。

 
関連記事
スポンサーサイト
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
<<まるで生きているかのような××の彫刻 * HOME * 仲良く仰向け>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *