ニャンコのための音楽だそうです
2015 / 03 / 13 ( Fri ) 06:16:50
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 眠いです。

 疲れてます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 気分を落ち着けたいとき、あろいはくつろぎたいとき、私達は音楽を聴くことがあります。

 どんなジャンルの音楽を聴くのか、それは人それぞれでしょうが、まあ、大抵は静かな音楽を聴くことの方が多いと思われます。

 では、ニャンコはどうなのでしょうか。

 ニャンコも、リラックスしたいときは音楽を聴くのでしょうか。

 そして、やはり興味のある音楽、そうでない音楽があるのでしょうか。

 ウィスコンシン大学マディソン校が、ゴロゴロ喉を鳴らす音、おっぱいを吸う音、仲間の鳴き声などニャンコの好きな音を基本に作曲を依頼。

 3曲出来上がって現在ウェブに公開中。

 それがこちら。

・「Spook's Ditty」(猫の興味をひく鳴き声を組み込んだ。猫の興味と好奇心を高める)
・「Cozmo's Air」(喉をゴロゴロ鳴らす音がベース。共感系)
・「Rusty's Ballad」(チュパチュパいう音。安心して気持ちよくなる)


 注意:こちらではリンクを張っていないので、お聞きになりたい方は典拠URLをクリックして下さい。

 研究論文によると、猫用音楽に反応するのは若者と年寄りで中年はイマイチとのこと。

 以下に紹介する動画のニャンコはMentalFloss記者さんの飼い猫なんですが、確かにサバトラの猫(6歳の中年)より黒猫(1歳半の若者)の方が興味を持っているようです。

 「Spook's Ditty」と「Rusty's Ballad」は明るくて軽快な音楽で、聴いていて楽しい気分になりましたが、「Cozmo's Air」はホラーシーンに使われそうな感じでちょっと怖かったです。
 ( ̄ー ̄;


 Olly and Pearl Listen to Music Composed Especially for Cats

 


 典拠URL
 GIZMODO jp~猫用音楽できました 2015.03.06 17:30【source: MusicforCats.com via PopSci、MentalFloss】(satomi)
 http://www.gizmodo.jp/2015/03/post_16659.html

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<仲良く仰向け * HOME * ねえ、起きて起きて>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *