給料日が時間を早く感じさせる
2015 / 02 / 28 ( Sat ) 10:19:49
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 起きた時の室内温度は9度でした。

 おはようございます、kakisakasanです。


 「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」と言いますが、時間が過ぎるのは本当にあっと言う間で、明日からもう三月ですよ。

 一月、二月は取り立てて忙しかったと言うわけではないんですが、何となく時間が過ぎちゃって、気がつけば「ああ、もう二月も終わりかあ」って感じです。

 何て言うんでしょう、大人になって時間が早く過ぎる感覚に捕らわれる一つの要因として、給料日があげられるでしょうね。

 誰もがお金を稼いで、それで生活をしているわけですから、懐が寂しくなるとどうしたって次の給料日が待ち遠しくなるじゃないですか。

「今月も残り一万…早く、次の給料日来ないかしら」

 な~んて思いながら、それを毎月繰り返していくと、春が夏になり、夏が秋になり、秋が冬になり、冬が春になり…

 気がついたら、一年が過ぎていた…

 それが何十年も続くと、体に染みついちゃって...A=´、`=)ゞ

 次の給料日を追いかけて走り続ける…

 まるで、回し車を走り続けるハムスターのようですよねえ~

 ( ̄-  ̄ ) ンー・・・

 で、歳を取れば、当然死を意識するわけで、それがまた時間を早く感じさせるんだよなあ~

 ( ̄ω ̄;)ンーー

 まあ、人間の一生ってそんなものだと言ってしまえばそれまでですが、そう言う生活から抜け出したいと思う自分がいることもまた、確かなんですよねえ~

 ε-(ーдー)ハァ

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ウサンコはワンコが大好き * HOME * 満身創痍ですよ。>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *