レリゴー…kakisakasanには××と聞こえた
2015 / 01 / 05 ( Mon ) 06:30:17
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 星が綺麗です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨年の流行語大賞(2014 年間大賞)は、女性お笑いコンビ日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」に決まりましたね。

 kakisakasanは流行にはとんと疎く、また興味もないので、何が流行っていようが我関せずなんですが、ただトップテンに入った中に、やけに耳に残ったのがひとつだけありまして…

 それがディズニー映画『アナと雪の女王』の中で歌われている『Let It Go』。

 日本人が聞くと、サビの部分である「Let It Go」はおそらく「レリゴー」と聞こえると思うんですが、実際「レリゴー」で検索すると『アナと雪の女王』に関する事がヒットしますので、「レリゴー」で話は通じると思います。

 じゃあ、なぜ、この「レリゴー」が耳に残ったのかと言いますと、kakisakasanには「レリゴー」ではなく、「ラリホー」と聞こえちゃったんですよ。Σ(゚∀゚;)エッ!

 すると、もう「ラリホー」にしか聞こえなくなって…( ̄▽ ̄;)

 じゃあ、なぜ「ラリホー」って聞こえたんだろうって、ちょっと考えてみたんですよ。

 一番の理由はもちろんkakisakasanの耳がおかしいと言うことなんでしょうが、実はね、この「ラリホー」と言う言葉は既に存在していて、子供の頃に見ていたアメリカのテレビアニメ『スーパースリー』の主題歌で歌われているんですよ。


 ちなみに、歌詞を紹介すると…

 ラリホーラリホー ラリルレロン
 ラリホーラリホー ラリルレロン
 コイルはでぶっちょ ボヨヨのヨン
 フリーは気取って スイスイスイ
 マイトの出番だ パラッパラッパラッ


 と、まあ、こんな感じです。

 だからね、多分、それが頭の片隅に残っていて、それで「ラリホー」になったのではないかと…( ̄ω ̄;)ンーー

 そうなると、「Let It Go」のサビの部分が ラリホーラリホー ラリルレロン ラリホーラリホー ラリルレロン コイルはでぶっちょ ボヨヨのヨン…と勝手に歌詞が変わっちゃって…

 ただ、実際このままの歌詞で歌うとなると、無理が生じるんですよね。

 ですから、歌いやすいように更に変えちゃって…( ̄ー ̄;

 どんなふうに変えるのかは、人それぞれでしょうが、もし面白そうだと思われましたなら、以下にyou tubeの動画(ディズニー公式YouTubeチャンネル)を貼り付けておきますので、試しに歌ってみて下さい。
 

 『アナと雪の女王 MovieNEX』Let It Go/エルサ(イディナ・メンゼル)<英語歌詞付 Ver.>

 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<コーギー、雪に向かって飛び込む * HOME * 年末のスーパーは独身者には厳しい>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *