改めて思った、東京は人が本当に多すぎる
2014 / 12 / 27 ( Sat ) 10:34:16
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 冷えます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 暦の関係から、昨日で仕事納めと言う人は多かったのではないでしょうか。

 kakisakasanも例外ではなく、仕事は午後3時くらいには終わらせて、その後は事務所内の掃除と納会の準備…

 寿司にピザにサンドウィッチ、その他お菓子諸々…

 そして紙コップと紙皿の準備等…

 5時過ぎくらいから始まって後片付けの時間を含めると、終わったのは7時くらいでした。

 その後、仲間内5人と居酒屋に行って、カラオケにも行きました。

 いやあ、久々に歌ったなあ~

 で、電車に乗ったのが12時近く…

 ほろ酔い気分もあって、ちょっと浮かれていたのですが…

 まったくねえ、どうして東京ってこんなに人が多いんでしょうね。ε-(ーдー)ハァ

 誰もが仕事納めでちょいと羽目を外したとは言え、いくら何でもこんな遅い時間に鮨詰め状態になりますかねえ~( ̄ω ̄;)ンーー

 普段は午前様なんてしませんから分かりませんが、多分、昨日に限ったことではなく、この異常な人の多さは慢性的なことなんでしょうね。

 朝の通勤ラッシュの時よりも人が多かったものなあ~

 東京は人が多いところだと、無意識のうちにそれを当たり前と思っているのは、kakisakasanだけではないと思います。

 でも、改めて昨日のような体験をすると、やっぱり東京の人口は多すぎると思います。

 東京ばかりに人が集まって、それに対応するために高層マンションを建てたり、地下に電車や道路を作ったり…

 もはや、これは都市の創造ではなく、ただ単に都市をこねくり回しているだけですよ。

 霞ヶ関が象徴しているように、中央集権体制が行われている間は、東京への人口集中は止まらないんでしょうね。

 でも、逆に言えば、中央集権体制を止めれば、上手い具合に人口を分散させることが出来るかもしれません。

 地方の衰退も、人が増えれば活気が出て来ますし…

 もし、そのような事が実現すれば、東京から出たいなあ~

 でも、kakisakasanが生きている間は、多分、無理だろうなあ~┐( ̄ヘ ̄)┌

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<布団の半分が冷たかった * HOME * とっても素敵なお話>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *