「個」と数えてしまう自分が嫌だ
2014 / 12 / 06 ( Sat ) 09:55:12
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 朝起きたら、室内温度は9度でした。

 さむ~い。

 おはようございます、kakisakasanです。


 最近はどこのスーパーに行ってもおそらく同じことを言われると思いますが、レジで精算するときには「レジ袋を付けますか」と尋ねられると思います。

 kakisakasanはエコバッグを持っていないので、いつも「お願いします」と言います。

 エコバッグ、買わなきゃなあ~

 で、買い物をした量が多いと店員さんはまず間違いなく二枚下さるので「一枚で良いですよ」と言うつもりが、なぜか「二個で良いですよ」と言ってしまうんですよ。

 レジ袋の形状を見れば「個」ではなく「枚」と数える方が妥当だと思います。

 実際、若い頃は一枚って言っていたと思いますし、売れて無くても小説やこうしてブログを書いている身ですから、文章には責任を持たなければならないのですが…

 では、どうして、そんな事になってしまったのだろうかと察するに、テレビを初めとしたマスコミの影響かなあと…

 レポーターとかあるいは若手芸人の言葉を聞いていますと、レジ袋に限らず数を数える単位を何でも「個」と言っているんですよね。

 たとえば、車なら一台二台と言うべきなのに、一個二個と数えたり…

 そう言う場面を見る度に「そうじゃねえだろ」と画面に向かって突っ込みを入れてしまいます。

 「まったく、ウケばかり狙って、言葉遣いや態度に対してディレクターはもっと注意を払えよ。だから、番組の質が向上しないんだよ」とムカついています。(`ε´)

 しかし、そんなkakisakasanもレジ袋を「一個」と言ってしまっているのですから、ほんとにもう情けない…( ノД`)

 自分では使い分けしていると思っていても、いざ言葉にする時、思わず口にしてしまうのは、やっぱり知らず知らずのうちに毒されているんでしょうねえ~(´-ω-`) ンー

 テレビ、ラジオ、雑誌・新聞、そしてインターネット…

 マスコミの影響は本当に絶大です。

 ですから、言葉の使い方に対するチェック機能をもっと働かせてほしいです。

 言葉の選択をひとつ間違えただけで、とんでもないことになってしまう事って、ありますからね。

 情報を提供している仕事に携わっている企業にとって、それは義務ですから、是非とも行ってほしいです。


関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<昨日今日と、本当に寒いですよ * HOME * ヨガマットは楽しいニャン>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *