白ワインも体に良いですよ
2014 / 10 / 08 ( Wed ) 06:20:32
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 日に日に涼しくなっています。

 おはようございます、kakisakasanです。


 kakisakasanはアルコールには弱いのですが、それでも、ビールとワインは飲みます。

 ビールなら350ml缶を一本程度、ワインなら小さめのグラスで一杯程度…

 ワインは赤よりも白の方が好きです。

 ただね、いつも思っていたんですが、世間で取り沙汰されるワインって、白よりも赤の方が断然多いですよね。

 赤ワインには抗酸化物質であるポリフェノールの含有量が多く、それが健康に良いからというのが、その理由だと思います。

 だから、白ワインを頼むと、健康に気をつけていないのではないかと、何か被害妄想に駆られちゃって...A=´、`=)ゞ

 だからね、白ワインの良い効能は何かないのかと調べてみたら、ありましたよ。

 それも、思っていた以上のことが…

 では、その効能とは一体どんなものなのか。

 以下にそれを記して起きますので、是非読んで頂けたらと思います。


 高い殺菌作用がある。

 白ワインには殺菌作用があるそうです。

 サルモネラ菌や大腸菌などの菌を殺菌してくれるのです。

 この効果は腸内のバランスを整えてくれることにつながり、アンチエイジングにつながるそうです。

 さらに有機酸の含有量が赤ワインよりも多く、腸内細菌のバランスを整えてくれることで、便秘や下痢にもなりにくく、美肌にもいい効果を与えてくれると言われています。

 カリウムをたくさん含んでいる。

 カリウムの量が多い白ワインは体内の余分なナトリウムを排出してくれる働きがあります。

 その働きによって利尿作用が高まり、新陳代謝が活発になり、余分な水分や老廃物を排出できるのです。

 さらに余分なナトリウムを排出することで、血圧を下げる効果もあると言われています。

 骨粗鬆症にもいい。

 白ワインにはカルシウムとマグネシウムが同じくらい含まれています。

 このミネラルバランスの良さが骨粗鬆症予防になるそうです。

 ミネラルが豊富に含まれている白ワインは美肌にもいいそうです。

 ポリフェノールも含まれている。

 白ワインにもポリフェノールが含まれています。

 ただ赤ワインよりも少ないため、あまり言われることがないのですが、飲み続けることで赤ワインのポリフェノール効果に負けることはないようです。

 適量を毎日飲む

 白ワインの効果的な飲み方は100ml~360mlのワインを毎日飲むこと。

 毎日飲むことで効果が出ると言われています。

 ただ、これは個人的な見解ですが、kakisakasanのようにアルコールに弱い人は、毎日は止め方が良いと思います。

 白ワインをおいしく飲む方法

 白ワインは適度に冷やして飲みましょう。

 冷やし過ぎは風味を損なうので注意。
 
 辛口なら10~12℃、甘口なら8~10℃くらいが適温です。

 kakisakasanは胃腸が弱いので、やはり赤よりも白の方が合っているみたいですね。
 (*´∇`*)

 ひょっとしたら、体がそれを欲しているのかもしれません。

 とにかく、kakisakasanには朗報だったので、これからはもっと白ワインを堪能出来ればと思いました。


 典拠URL
 女性の美学~赤ワインよりも優れている白ワインの美容効果とは
 http://josei-bigaku.jp/beauty/sirowainbiyou35773/
 Beauty column~ワインの美容効果は赤だけじゃない。「白ワイン」で美味しいアンチエイジング 2013年12月6日
 http://etvos.com/column/archives/802

 
関連記事
スポンサーサイト
* ちょっと健康 * comment(0) * page top↑
<<18時以降の業務メール禁止法案は日本でも実施されるのか? * HOME * 遊びに夢中で思わず…( ´艸`)ムププ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *