情報を保存できる液体
2014 / 08 / 21 ( Thu ) 06:18:01
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 残暑厳しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ミシガン大学とニューヨーク大学の研究者によって、情報が保存できる液体ストレージが研究されています。

 ナノ粒子のクラスタが浮遊する液体テクノロジーで、これまでの0と1を用いたコンピュータのストレージと比較してはるかに多くの情報を保存できるようになる、というものです。

 

 みなさんはこの一文を読まれて、何のことだか分かりましたか?

 kakisakasanはさっぱり理解出来ませんでした。

 ちなみに、ストレージとは、コンピュータの主要な構成要素の一つで、データを永続的に記憶する装置のことです。(例:ハードディスク、CD/DVD/Blu-ray、USBメモリなど)
 http://e-words.jp/w/E382B9E38388E383ACE383BCE382B8.html

 
 で、更に引用元には、次のような記載がありました。
 
 MICHIGAN ENGINEERINGの発表によると、そのナノ粒子のクラスタというのはルービックキューブに似た働きをしていて、さまざまなストレージの状態をとることができるんだそう。

 中央の球体のまわりを4つのナノ粒子メモリクラスタが動きまわっているのがわかると思います。

 ルービックキューブに似ているかと聞かれると正直ちょっと微妙な気もしますが…。


 Particle "bit" changes state, experiment | Michigan Engineering LabLog

 

 ( ̄ω ̄;)ンーー、動画を見てもさっぱり分からん…

 まあ、とにかく、この技術が確立されたら、ティースプーン1杯で1TBの情報が保存できるんだそうです。

 このようなウェットコンピューティングテクノロジーは、医療やロボティクス、生物工学などの方面に新しい道を開いてくれると期待されているそうです。

 技術の進歩って、ほんとに凄いなあとは思うんですが、急速な進歩にちょっと恐怖を覚えるのは、kakisakasanだけでしょうか。

 ( ̄-  ̄ ) ンー・・・人類って、一体どこに進もうとしているんでしょうね…


 典拠URL
 GIZMOD.JPスープン1杯1TB 。情報を保存できる液体ストレージが誕生へ
 http://www.gizmodo.jp/2014/08/11tb.html

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ニャンコの趣味は××です。 * HOME * ××フェイスパックが人気だそうです>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *