久しぶりに綺麗な××分けを見た
2014 / 08 / 14 ( Thu ) 06:14:45
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 でも、今日は雨が降るようです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 あれは先月末のことでしたね。

 いつものように電車に乗って、仕事先に向かっていました。

 そのときは、kakisakasanの前に座っている人が降りたので、運良く座ることが出来たんですよね。

 で、入れ替わりに乗って来た人がkakisakasanの前に立ったんですよ。

 年の頃は30代半ばくらい…

 高そうなシャツを着て、袖もカフスで留めて…

 この暑い最中、よくこんなピシッとした身なりが出来るよなあと、kakisakasanは思いつつ、その人の顔をチラッと見ました。

 その瞬間、kakisakasanはちょっと驚きました。(゚o゚*)

 と言うのも、その男性、見事な七三分けをしていたからです。

 しかも、ただ分けていただけでなく、整髪料も塗って、念入りに櫛を通したのが窺えたんです。

 今でも、七三分けをしている人はいるのでしょうが、余り見かけないと言いますか、どちらかと言いますと、ナチュラルヘアが人気だと思うんですよね。

 それに、七三分けと言いますと、どうしても1960~1970年代を思い起こしてしまって、死語ならぬ死髪のような印象を持っていたんですよ。

 だから「今時、こんな七三分けをする人がいるんだあ」と妙に感心してしまったんです。

 身なりと髪型から推察するに、営業関係なのかなあと思いましたが、もし、そうでなくても、初対面の人にはすぐに覚えてもらえるだろうなあと思いましたね。

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<熱中症には××が効果的って本当? * HOME * 子猫は小さなおじさんと遊んでる?>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *