イミダペプチドで疲労回復
2014 / 08 / 01 ( Fri ) 06:25:20
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 毎日、寝苦しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 梅雨が開けてからの東京地方は、ぐ~んと気温も上昇して本当に暑いです。

 熱帯夜なんて当たり前…

 就寝時にエアコンを付けないkakisakasanにとって、必需品はアイスノン…

 おかげで、何とか寝苦しい夜を乗り切ってはいますが…

 しかし、そうは言っても、やっぱり体力を消耗してしまいますよねえ~

 そうして、じわりじわりと疲労が溜まって…

 夏バテには気をつけないと…ε-(;ーωーA フゥ…

 で、話は変わって…

 みなさんはイミダペプチドってご存じですか。

 イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)とは、イミダゾール基を有するアミノ酸結合体の総称である。渡り鳥や回遊魚(カツオやマグロなど)などの長時間の連続した運動を必要とする生物の骨格筋中に多く含まれており、特にカルノシン(β-alanyl-L-histidine)とアンセリン(β-alanyl-1-methyl-L-histidine)の2つがよく知られている。

 まあ、早い話が、イミダペプチドを摂取すれば疲労の予防と回復が見込めるよって事みたいです。

 kakisakasanはまだ試したことはないので何とも言えませんが、何となく疲れている時は、カツオのたたきでも食べようかなと思うことがあるので、ひょっとしたら、体がイミダペプチドを欲しているのかもしれません。

 そうそう、さけの刺身にも同様なことが言えるのですが、さけにはイミダペプチドは含まれているのかしら…(´-ω-`) ンー

 イミダペプチドで検索をすると、関連製品がたくさん出て来ます。

 お値段はピンキリですが、目玉が飛び出るほど高くはないので、夏バテに悩まされている方は、試してみる価値はあると思います。
 

 典拠URL
 大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座
 http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/topics/hirou.html
 日本予防医薬
 http://japanpm.com/


関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<男に変われば化粧品も変わる * HOME * ハリネズミがボーリング!?>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *