クモとチビゴキの追いかけっこ
2014 / 07 / 29 ( Tue ) 06:25:39
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
  



 今朝の東京は晴れです。

 意外と涼しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、突然で恐縮ですが、みなさんはアダンソンハエトリと言うクモをご存じですか。

 家の中でよく見かける小さなクモで、見た目は黒と白のツートンカラーです。

 分からない方は、以下の動画をご覧下さい。

 
 睨みを利かせるアダンソンハエトリHasarius adansoni

 

 ねっ、見たことあるでしょ。

 じゃあ、このクモが一体どうしたのかと言いますと…

 ある日のことです。

 kakisakasanはパソコンに向かってブログを書いていました。

 で、おもむろに視線を下に持って行くと…

 アダンソンハエトリがチビゴキを追いかけていたんですよ。( ゚д゚)

 チビゴキがトコトコと逃げては、アダンソンハエトリがトコトコと追いかけていく。

 その動きが、何か妙に面白くて…(ノ∀`)

 まるで、何かのゲームのような…

 そう、パックマンにちょっと似てましたね。

 とにかく、じっと見ていたんですよ。

 すると、アダンソンハエトリが遂にチビゴキを捕まえたんですよ。

 あ~あ、これでチビゴキの運命も終わったな…

 と思ったら、何とチビゴキはアダンソンハエトリから逃げたんですよ。

 捕まえるまでは、それほど大きさの違いが分からなかったのですが、いざ捕食するとなると、どう見てもアダンソンハエトリよりもチビゴキの方が少し大きいんですよ。

 「いくら何でも、食うのは無理だろ」

 kakisakasanはそう思いました。

 すると、案の定、逃げられちゃって…

 でも、アダンソンハエトリも負けていません。

 まあ、それはそれはしつこく追いかける。

 で、捕まえるんですが、また逃げられ、捕まえてはまた逃げられ…

 延々それの繰り返し…

 結局、アダンソンハエトリとチビゴキはタンスの裏に消えて…

 あの後、どうなったのかは分かりませんが、命がけの戦いだったんですよね、アダンソンハエトリとチビゴキにとっては…

 でも、見ているkakisakasanにとっては、何だかとってもユーモラスで…

 アダンソンハエトリはチビゴキやダニを食べてくれるそうなので、見つけても、決して邪魔者扱いしないように…

 見つけたら「今日もご苦労様です」と一言声を掛けてあげましょう。ヾ(*´∀`*)


関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<卒乳記念に作るものとは… * HOME * ゴールは僕が死守するニャ…>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *