子育てしやすいのは××県
2014 / 07 / 07 ( Mon ) 06:25:31
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は雨です。

 蒸し蒸しします。

 おはようございます、kakisakasanです。


 結婚を控えているカップルは、これから住む家について悩むことが多いと思います。

 子供が生まれることを考えれば、住む家だけでなく、子育てしやすい環境も念頭に置かれることでしょう。

 住宅メーカーのタマホーム(東京都港区)は、2014年5月下旬、インターネットで結婚14年以下の既婚者2961人(女性20~39歳、男性20~49歳、都道府県各63人)に聞き取り調査をしました。

 それによりますと、住んでいる都道府県について、75%が「子育てしやすい」(『どちらかといえば』も含む)と回答し、ベスト3は、(1)富山県91・5%(2)福岡県91・1%(3)鳥取県91・0%でした。

 理由として多かったのは、「公園など自然の遊び場が多い」(63・9%)、「大型ショッピング施設が近くにある」(40・3%)、「住民が優しい、温かいと感じる」(38・1%)、「幼稚園・保育所や託児所などが多い」(34・7%)など…

 全体の76・7%が「子供は2人以上が理想」と回答。

 しかし、70・8%が第2子以降の出産をためらう「2人目の壁」があると言っています。

 その解消のためには、「出産・育児費用、教育関連費用における経済的サポート」(86・2%)、「休職・復職のしやすいさなど仕事面でのサポート」(49・6%)、「長時間労働の短縮など自分や配偶者のワークライフバランスの改善」(48・1%)などを挙げました。

 富山県は「子育て支援・少子化対策条例」を施行し、平成23年度から、仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備を、従業員51人以上の企業に義務付けています。

 県の担当者は「子育て環境は整っている。ただ、晩婚化の影響か、第1子の出産時期が遅く、第3子以降の出産が少ない。今後は結婚支援にも力を入れたい」としています。

 婚活サイトなどを運営するマッチアラーム(東京都新宿区)が会員の20、30代の独身男女2823人に聞いた別のアンケートでは、結婚後の共働きを男女とも8割が希望していたそうです。

 共働きを希望されるのは経済的な面もあるのでしょうが、何かしらの形で社会と繋がっていたいと言う気持ちの表れなのかなあと…( ̄-  ̄ ) ンー・・・

 早い話が子育てに縛られたくない、家に閉じこもっていたくないと言うことなのかなあと…(´-ω-`) ンー

 保育園や幼稚園が充実していれば、子育て支援が出来ていると言うのは間違っていると思うんですけどね。

 何よりもまず大切なのは、家族が一緒に集まれる社会環境を整えることではないのかと…

 たとえば、夜遅くまで残業しなければならない職場や職業の改善であったり、旦那さん一人の稼ぎで生活出来る環境であったり…

 専業主婦だからこそ、子ども達に豊かな愛情を注ぐことが出来るとも言えるのではないのかと…

 生活を支えるためには稼ぎが必要であり、十分な教育をするためにも稼ぎは必要ですから、そのためには働く時間がどうしても長くなります。

 でも、豊かな愛情を注ぐためにはやは子供と一緒にいる時間を増やさないと…

 この矛盾する事をいかに解決すれば良いのか…

 結局は、ご近所同士の助け合い、おじいちゃんおばあちゃんの援助ということになるのかなあと…

 住みやすいと答えた理由に「住民が優しい、温かいと感じる」と言うのがありますが、kakisakasanはこれが一番のキーワードだと思いますが、皆さんはどう思われますか。


 典拠URL
 SankeiBiz~子育てしやすい県、1位は富山 女性就業率など全国平均上回る 2014.6.22 08:09
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140622/ecc1406220809011-n1.htm

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<撫でられている時が至福の時です。 * HOME * 女の子の日の前に食べておくと良い食材>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *