仕事中のブラジャーの着け疲れや苦しさなどが気になります
2014 / 06 / 13 ( Fri ) 06:21:20
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 久しぶりの快晴です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 まず、女性の皆さんに質問です。

 「仕事中にブラジャーの着け疲れや苦しさなどが気になり、外したくなったことはありますか?」

 これはピーチ・ジョンによって行われた「ブラジャーに関する調査」の質問内容で、調査対象は20~30代の女性1,000名、調査期間は4月27日~2014年5月1日、インターネットによって行われたものです。

「普段、ブラジャーによって、ストレスを感じていますか?」と聞いたところ、55%が「ストレスを感じている」と回答。

 具体的なものとして「締めつけによる苦しさ」(55%)、「全体的な着け疲れ感」(36%)、「ストラップがズレる」(27%)「ワイヤーのスレによる痛さ」(27%)、「ストラップの食い込みによる痛さ」(24%)などが上げられました。

 また「仕事中にブラジャーの着け疲れや苦しさなどが気になり、外したくなったことはありますか?」という質問では「ある」と回答した人が69%、「仕事中にこっそり外し、ノーブラ状態になったことがある」が16%、「仕事中にこっそり、ブラのホックまでは外したことがある」が20%という結果になりました。

 合計すると働く女性の約4割が「仕事中にノーブラ・ホック外し」の経験があるということになります。

「仕事中にブラジャーを外したいと思うとき」についての質問では、トップ3が「肩がこったとき」(43%)「体調がすぐれないとき」(33%)「長時間のデスクワークのとき」(27%)という結果になりました。

「ブラジャーの"締めつけ"のストレスを他のもので表すと、何と同じレベルだと思いますか?」と聞くと、「朝の満員電車と同じレベル」(32%)、「気が進まない飲み会と同じレベル」(27%)、「想定外の残業と同じレベル」(12%)などの回答が上位となりました。

 kakisakasanは男なので、ブラジャーの悩みに関しては分かりませんが、"締めつけ"の感覚を嫌うのは分かりますね。

 たとえば、kakisakasanは腕時計ではなく懐中時計をしているのですが、それも"締めつけ"の感覚が嫌だからなんですよね。

 また、"締めつけ"のストレスのたとえを見てみると、全体からは憂鬱感がひしひしと伝わって来ます。

 女性にとってブラジャーと言うのは必需品であり女性のファッショングッズとして無くてはならいなものであると同時に、ストレスの温床でもあると言うのは、何とも皮肉めいた話です。

 この相反する事を上手に併存させるブラジャーを作ることが出来たら…

 発明者はきっと億万長者になることでしょうね。 


 典拠URL
 マイナビニュース~働く女性の4割が仕事中ノーブラ、ホック外し経験あり [2014/05/15]
 http://news.mynavi.jp/news/2014/05/15/324/



 
関連記事
スポンサーサイト
* 女性にとってのお役立ち情報 * comment(0) * page top↑
<<自由奔放なうさぎさん * HOME * うがいしてから飲んじゃう薬>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *