うがいしてから飲んじゃう薬
2014 / 06 / 12 ( Thu ) 06:21:04
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は雨です。

 カラスが鳴いています。

 ああ、アンニュイな朝だ…

 おはようございます、kakisakasanです。


 風邪をひいてから、一週間…

 体調、かなり回復しました。

 いやあ、ほんとにねえ~

 熱が出なかったのは幸いですが、それ以外の症状は全て出ましたよ。

 頭痛でしょ、咳でしょ、喉の痛みでしょ、鼻水でしょ、下痢でしょ…

 特に咳がひどくて、喘息並みの咳には参りましたよ。(ノ_-;)

 風邪だと思ったのは、夜寝ていたとき、猛烈な喉の痛みで起きた瞬間でした。

 こりゃ駄目だと思い、当日は会社を休んで病院へ…
   (((((((((((っ・ω・)っ

 で、薬を処方してもらったのですが、最近の傾向なのか、何かしらの理由があるのか、漢方薬を処方してもらうことが多くなったような気がします。

 以前、耳鼻科に通った時も漢方薬を処方してもらったし…

 で、その漢方薬なんですが、大抵は食前に飲むことが多く、今回も例外ではありませんでした。

 ただ、幾つか処方してもらった漢方薬のうち、ひとつだけちょっと変わったのがありまして…

 それが「お湯に溶いてうがいをしてから飲んで下さい」というものなんですよ。

 効能は「扁桃とその周囲の炎症による喉の腫れと痛みを和らげる作用がある」というもので、おそらく、服用するだけでなく喉に直接触れさせるとより効果があるから、そうするのだと思います。

 これまで散々風邪をひいて、そのたびに薬を処方してもらったのですが、うがいをしてそれを飲むと言うのは、今回が初めてでしたね。

 まあ、漢方ならではの飲み方なのでしょうが、面白い飲み方があるものだなあと、妙に感心しましたね。

 

関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<仕事中のブラジャーの着け疲れや苦しさなどが気になります * HOME * お湯を使わずにゆで卵を作ろう>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *