博多時間って何?
2014 / 06 / 04 ( Wed ) 06:29:41
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 蒸し暑いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 みなさんは『博多時間』って聞いたことがありますか。

 記憶が確かなら、kakisakasanがこの言葉を知ったきっかけは、漫才コンビの博多華丸・大吉さんが何かの番組で言われたことだと思います。

 多分、アメトーークだったと思うんですけどね。

 では、『博多時間』って何なのと言いますと…

 宴会や待ち合わせに遅れて来る地元の人を皮肉る言葉…なんだそうです。

 平たく言えば、時間にルーズな人という意味ですね。

 しかし実際は、これは誤用なんだそうです。

 福岡県出身で元日本文化人類学会会長の波平恵美子さん(71)は「博多時間には本来もっと深い意味合いがあり、意味を取り違えている人が少なくない」と指摘しています。

 どういう事かと言いますと…

 商売第一の博多商人の家を訪ねる時、約束の時間より前に行くと、ギリギリまで客の迎え入れ準備をしている相手に迷惑をかけてしまう。

 だから「ちょっと遅れて行くのが礼儀として博多時間が定着した。宴席などでは、特に立場が上の人にみられる習慣」なんだそうです。 

 しかし、全部が全部、博多時間が当てはまるのかと言いますと、そうではないそうです。

 博多でも、取引先との打ち合わせなど仕事に関することや、結婚式など半ば公的な行事の時には時間通りに集まるのが一般的。

 一方で、私的な行事の際にはわざと約束時間に遅れて行く習慣が根付いたとされているそうです。

 では、博多時間っていつ頃から言われるようになったのでしょうか。

 西日本の民俗文化に詳しい福岡大学の白川琢磨教授(61)は「近世の博多商人時代からの名残だが、言葉自体は近代以降に誕生した」とみています。

 また、波平さんは「言葉が生まれたのは『支店経済』として福岡市の存在感が増した40年前ぐらい。博多時間は東京からの転勤族など外部の人間が言い始めた言葉」と話しています。

 博多時間に限らず、九州・沖縄には「日向時間」「沖縄時間」と言う言葉があり、いずれも時間におおらかという意味合いで使われているようです。

 学生時代、kakisakasanはヨーロッパ旅行をしましたが、鉄道の時間に関して言うと、北ヨーロッパは比較的時間が正確でしたが、一方南ヨーロッパは全然時間通りではなかったという記憶があります。

 暖かい地域に住んでいると、時間感覚が緩やかになるのでしょうか。

 現代社会は何かと時間に追われています。

 羽目を外す宴会などでは、博多時間のように、時間の塩梅を考えた方がいいのかもしれませんね。


 典拠URL
 日本経済新聞~「博多時間」「沖縄時間」って? 訪問先への礼儀 2014/5/17 6:30(西部支社 後藤伸太郎)
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASJC25010_Z00C14A5000000/

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<本日は体調不良のため、お休みします。 * HOME * これぞ、まさに猫Cafe!?>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *