お香を楽しんでリラックスしよう。
2014 / 03 / 15 ( Sat ) 07:11:58
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。
 


 今朝の東京は晴れです。

 ちょっと寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ストレス解消の方法のひとつとして、アロマを使うと聞くことがあります。

 ただ、一口にアロマと言っても、色々なものがあります。

 アロマオイル、アロマスプレー、アロマキャンドルetc…

 人によっては、お風呂に入る時にアロマを使うそうです。

 いつ頃からアロマと言うのが世の中に浸透し始めたのかは分かりませんが、アロマは欧米から伝わったと思われます。

 そのアロマを日本語に訳すと芳香、香り…ですよね。

 となれば、日本にだって、古くから伝わるアロマがありますよね。

 そうです、線香です。

お香の老舗、松栄堂(京都市中京区)さんのお話によりますと…

 埼玉県春日部市の主婦、吉田能里子さん(64)は10年ほど前からお香をたくようになったそうで、「自然の香りが好き。生活に香りがあれば気分良く暮らせます。微妙な香りを聞き(嗅ぎ)分けていると、集中できて気分転換になります」と、玄関やトイレなどにお香を置いて楽しんでいるそうです。

 また、松栄堂青山香房(東京都渋谷区)では、仏事用から普段使いのお香までさまざまな商品を扱っており、同店の富樫史さん(31)は「和風な香りから現代的な香りまで幅広くあります。種類の多さに驚くお客さまもいます」と話しています。

 お香にはさまざまなタイプがあり「手軽に楽しめるのが、直接火をつけるタイプ」だそうで、お香が燃え尽きた後も残り香が楽しめるそうです。

 子供の頃、時々でしたが、仏壇に線香をあげていました。

 線香って、意外と香りが強いんですよね。

 だから、残り香が楽しめると言うのは分かります。

 また、線香は煙が上っていく様子がいいんですよね。

 人によっては、それを見ていると、気分が落ち着くのではないのでしょうか。

 最近の線香は、花や季節などさまざまなテーマをイメージした香りのほか、グレープフルーツや紅茶をイメージした香りもあるそうです。

 アロマキャンドルも良いとは思いますが、たまには古から伝わる線香を使うのも気分転換が図れて良いのではないでしょうか。o(*'∇')o


 典拠URL
 SankeiBiz~お香を楽しむ 種類幅広く、集中・気分転換に 2014.2.22 13:10(油原聡子)
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140222/ece1402221311001-n1.htm
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140222/ece1402221311001-n2.htm
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140222/ece1402221311001-n3.htm
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/140222/ece1402221311001-n4.htm

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<サモエド、喜びの舞 * HOME * 神前結婚も良いものですよ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *