回転性のめまいに襲われてゾッとした
2014 / 03 / 06 ( Thu ) 06:41:04
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。
  

 今朝の東京は晴れです。

 風が強いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 あれは、先月の初め頃だったでしょうか。

 歯を磨いて、戸締まりの確認をして、じゃあ寝るかと思って、蛍光灯を消して、布団に潜ろうと体を横にした瞬間ですよ。

 見上げた天井がぐる~んと回転して、kakisakasan思わず「うわっ」と声を上げて起きました。(  ゚ ▽ ゚ ;)

 回転はすぐに収まったんですが、しかし、何かもう横になるのが怖くって…(´□`;)

 だから、ゆっくりゆっくり体を横にしながら布団の中に入り、天井を見たり、寝返りを打ったりして、再び回転するかどうか確認しました。

 結局、それ以降は何事も起ここることはありませんでした。

 翌日、あれは一体何だったんだろうと思い、同じ動きをしてみたんですが、そのときは何もありませんでした。

 その晩…

 特に気にすることも無いだろうと思い、いつものように寝ようとしたら、また目の前が…

 ここは四次元空間かと思ってしまいましたよ。(”ロ”;)

 さすがに怖くなって、病院に行った方がいいかなと思ったんですが、何科に行けばいいのだろうと思い、はたと気がついたのがめまい…

 ですから、検索してみると、kakisakasanが体感したのはどうやら回転性のめまいではないかと…

 しばらくしても同様の症状が出るようであれば、耳鼻科に行くつもりでしたが、一週間くらいすると、何も起こらなくなったので、今はずっと様子を見ています。

 多分、大丈夫だと思うんですけどね。

 しかし、急に目の前が回転した時は、本当に焦りましたよ。

 これもやっぱり、歳のせいですかね。

 まったく、やれやれですよ。ε-(;ーωーA フゥ…

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ワンコとニャンコ~運命の出会い * HOME * 今や記念日忘却防止法もメカ頼り>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *