体の中に入って、人体を知ろう
2014 / 03 / 03 ( Mon ) 06:40:58
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 結構寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨年の夏、­「からだのひみつ大冒険2013」というイベントが千葉市の幕張メッセで開催されました。

 イベントの内容は、ウンチやげっぷ、鼻水など敬遠されがちな排せつ物や現象を取り上げ、体の仕組みを学ぼうというものです。

 もともとは米国で2002年から始まったイベントで、今までにのべ1000万人以上の子どもが参加。

 日本では2011年に大阪で開催され、16万人以上を集客。

 関東で開催されるのは今回が初めてだそうです。

 このイベントの題材は、米国のベストセラー作家シルビア・ブランゼイ氏の絵本『Grossology(グロッソロジー)』。

 日本では『きみのからだのきたないもの学』(講談社)として出版されています。

 グロッソロジ-はグロテスクなどの言葉から作られた造語で、「きたないもの学」と翻訳されています。

 からだの中の汚いものは実はとても大切な役割を持っていることを伝える学問。

 主催する幕張メッセの林裕人氏は「夏休みのファミリー向けイベントとして企画した。感覚的にも学術的にも楽しむことでからだに興味を持ってもらい、自分のことを知るキッカケになれば」と話しています。

 子供の頃って、汚いものには過剰に反応しますよね。

 学校にトイレがあっても、友達にからかわれるのを恐れて、ウンチを我慢して…

 アメリカでこのような絵本が出るということは、どこの国でも汚いものに対する子供の反応は同じなんでしょうね。

 このようなイベントは大変有意義な事だと思いますので、出来れば毎年開催してほしいものです。 


 ウンチの仕組み知って 科学イベント、幕張メッセ

 


  典拠URL
 日経トレンディネット~ ウンチやオナラが教材!? 全米で1000 万人が熱狂した「グロッソロジー」2013年07月25日
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130722/1050907/
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130722/1050907/?ST=life&P=2
 http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130722/1050907/?ST=life&P=3

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<あなたは段々眠くなる^^ * HOME * おべんと おべんと うれしいな…さて、この続きの歌詞は?>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *