ゾウのはな子、67歳です。
2014 / 02 / 23 ( Sun ) 08:56:35
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 洗濯物を干したいので、雨は降らないで欲しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 kakisakasanがまだ小学生の頃でしたから、あれは今からもう40年も昔のことですね。

 今でも子ども達に大人気のドラえもん…

 そのお話のひとつに『ぞうとおじさん』と言うのがあるんですね。

 お話の内容はここでは割愛しますが、今日ご紹介する記事は、それを思い出させてくれるような感じがします。

 武蔵野市御殿山の井の頭自然文化園で2月2日、国内最高齢となるゾウ「はな子」の67歳を祝う会が開かれ、大勢の来園者が歌などで祝福したそうです。

 はな子はメスのアジアゾウで、バンコク郊外で1947年に生まれ、49年に上野動物園(台東区)に来た後、54年から井の頭自然文化園で暮らしています。

 ただ、生まれた日は正確には分からないそうで、同園では元日を誕生日としているそうです。

 はな子には、誕生日祝いとして、あんまんや食パン、イチゴなどで作った特製ケーキがプレゼントされました。

 この日は、タイ人実業家のシンナウェイ・サラサスさん(55)も駆けつけました。

 サラサスさんの父・ソムワンさんは、はな子の来日に尽力した人で、サラサスさんは「はな子は、タイと日本の友好の懸け橋だ。これからも健康を祈っている」と祝福の言葉を贈りました。

 終戦からまだ4年しか経っていない焼け野原の東京に来て、はな子は何を思ったのでしょうね。

 でも、当時の子ども達は、はな子を見ることで随分励まされたと思います。

 日本の復興に一役買ったはな子。

 これからも、幸せに生きてほしいものです。


 典拠URL
 YOMIURI NLINE~はな子 67歳おめでとう(2014年2月3日 読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20140203-OYT8T00064.htm

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<三角縁神獣鏡は魔境だった * HOME * 何度でも持ってきます by セキセインコ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *