すげえ、くまモンの経済効果
2014 / 01 / 20 ( Mon ) 09:37:10
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 ホットコーヒーが美味しいです。
 
 おはようございます、kakisakasanです。


 今やゆるキャラというのは、地域興しには欠かせないものになりまして、昨年はふなっしーというゆるキャラが話題になりましたね。

 ふなっしーの地元は千葉県船橋市ですが、ただ、船橋市の公認ではないそうです。

 その点、熊本県のゆるキャラであるくまモンは公認どころか、熊本県の公務員ですから、一口にゆるキャラと言っても、色々な身分があるものです。

 まあ、そんなくまモンですが、日本銀行熊本支店は、昨年12月26日、熊本県のPRキャラクター「くまモン」が、ゆるキャラグランプリに優勝した2011年11月から2013年10月末までの2年間に、1244億円の経済波及効果を県に及ぼしたという試算を発表したそうです。

 経済波及効果のほとんどは、くまモンを使った商品の販売とその効果で1232億円。

 残りは、くまモン関連のイベントで観光客が推計18万8000人増えたことなど。

 試算とは別に、新聞やテレビに取り上げられたことによる広告効果も90億円以上に上ると指摘。

 日銀がゆるキャラの経済波及効果を試算したのは初めてだそうで、坂本哲也支店長は次のように言っています。

「県経済への影響は相当な額。くまモンに県が支出している数億円と比べて費用対効果も大きい。民間に広く使用を許可するなどPR戦略が巧みだ」と分析。

「課題は、成果を持続させる体制や仕組みをつくること。一過性のブームで終わらないようにしてほしい」と注文したそうです。

 くまモンは九州新幹線鹿児島ルートの全線開通をアピールするため、2010年3月に誕生。

 アメリカなど海外で熊本をPRしたほか、2013年の大みそかには、NHKの「第64回紅白歌合戦」にも出演。

 スゴ━ ゚+.(ノ。・∀・)ノ━イッ !!!

 日本のアニメは世界中で放送されています。

 それに出て来るキャラクターは、大変な人気です。

 ポケモンはその良い一例ですよね。

 それを考えると、世界に日本をPRする戦略としてゆるキャラを活用するというのは、これはもう必然でしょう。

 政府は「観光は、我が国の力強い経済を取り戻すための極めて重要な成長分野」と言っていますので、現時点では一地域の街興しであっても、いずれはゆるキャラ連合を結成して、世界に観光立国日本をPRすることになると思います。

 そのとき、くまモンはひょっとしたら、ゆるキャラのキャプテンになっているかもしれませんね。( ̄∀ ̄*)


 典拠URL
 YOMIURI ONLINE~くまモン経済効果、2年で1244億…日銀支店(2013年12月28日09時57分 読売新聞)
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131227-OYT1T01174.htm
 国土交通省 観光庁
 http://www.mlit.go.jp/kankocho/kankorikkoku/


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ニャンコがチューにお乳を与えている * HOME * 360度写真が撮れるPanonoに注目しよう>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *